ニュージーランド留学&ワーキングホリデー無料エージェント

ニュージーランド留学&ワーホリ個別相談・説明会

留学するならやっぱりニュージーランド

Liv-info留学無料サポート

インターネットについて

インターネットカフェ

オークランドにはいくつかのネットカフェがあります。ネットカフェといってもパソコンは備わっていません。ご自身のノートパソコンを持ち込めばWi-fiを利用してネットができるシステムです。 ネットの利用時間1時間程度です。

Backpackers YHAなどの宿泊施設

無料または有料で利用できます。最近ではほとんどの施設にパソコンが設置されています。

語学学校

数台から数十台のパソコンが完備されています。通学中はもちろん、なかには卒業後も利用できる学校もあります。

ホームステイ先

ホストファミリーの許可があれば利用できます。

フラット先

フラット先によって異なりますが、利用できるところもあります。 利用料金がフラット代に含まれているもの。別になっているものなど色々ですので、フラットの契約をする際によく確認しておきましょう。

ネット環境

回線スピード

(ADSLが主流) ADSL、ADSL2があります。光回線はまだまだ発展途上です。。。 光回線については将来的には一般にも普及しそうですが、今はまだビジネスシーンでの利用が主です。

LANシステム

有線、無線共にあります。 最近は語学学校でも無線システムを積極的に導入しています。自分のパソコンを持っていれば無線LANを通して利用することが出来ます。

データ従量制に注意

ニュージーランドではほぼ従量制を取っています。 日本のような”月額固定料金で使い放題”と言うシステムではないです。 ホームステイやフラット先での使用については、この点を十分理解してデータの使用量についてホストファミリーやフラットオーナーともよく確認をしておくのがいいでしょう。

主なデータ容量  1GB/月  5GB/月  10GB/月 

パソコンは日本から持って来るべきか?

持ってくる利点

小型のノートパソコンであれば持って来るのも良いと思います。 自分のパソコンだと使い勝手もいいでしょうし、デジカメのデータ保存、メール、ネット、英語の勉強などにも便利に使えます。 特に専門課程での勉強をされる方はレポートの提出もかなり多いので、自分のパソコンがあれば、いつでもレポート作成ができるので持って来るべきでしょうね。

もって来ない方が良いと思う点

ただ、持ち運びの不便さ、盗難、故障時のことを考えると持って来ない方がいいような気もします。 持って来るべきか?はどの程度パソコンの必要性を感じているかによります。 OSの問題 日本からパソコンを持ってきた場合は、日本語のOSが入っているでしょうから何も問題はないのですが、こちらでパソコンを利用する際には英語のOSが入っているものと考えてください。 語学学校では日本語にも対応しているパソコンを導入しているところもありますが、その他の施設では基本的には英語での対応が必要となります。 また、英語のOSでも日本語を読むことは出来ますので、メールを読んだり、日本語のネットを閲覧することは可能です。 問題はメールの発信です。。。。 この問題を解決する方法として、Ajax IMEというものがあります。

電圧とプラグに注意

ニュージーランドの電圧は240ボルトです。電圧は十分確認してから使用してください。 プラグはハの字型あるいは3点式のものとなっています。

パソコン&周辺機器の購入

ニュージーランドでもパソコン並びに周辺機器が販売されています。 OSのみ日本で購入して本体はニュージーランドで購入も可能ですし、英語のOSで対応するならこちらで購入されるのも一案です。 周辺機器としてはプリンタ、スカイプなどのコミュニケーション関連、ハードディスク、モニターいろいろとあります。

パソコンが故障したら?

パソコンを修理してくれるお店はたくさんあります。 しかし、その技術量については??です。 基本的には日本へ送り返して、メーカーにてきちんと修理してもらうのがベストでしょう。

インターネット回線を引くには?

モバイルブロードバンドによる接続方法 オススメです!!

USB形式のスティックをご自身のノートパソコンに付けることにより、携帯電話回線を利用したネッができます。 プリペイド方式です。

<一例>  1GB/月 ・・・  NZ$20  30日間有効  
3GB/月 ・・・  NZ$50  60日間有効
12GB/月 ・・・ NZ$150 180日間有効