ニュージーランド留学&ワーキングホリデー無料エージェント

ニュージーランド留学&ワーキングホリデー個別相談会

オタゴ大学キャンパス

この学校に申し込む  

学校コードN03

オタゴ大学ランゲージセンター

  • 入学金&宿泊費用
  • 日常英会話(一般英語)
  • アカデミック英語
  • 学校訪問&インタビュー内容
  • 学校周辺マップ

2018年料金 ( )は2019年料金

入学金 NZ$275
教材&学生サポート費 週NZ$20
オリエンテーション費用 NZ$184
ホームステイ手配代 NZ$250(300)
ホームステイ代 NZ$266(280)/週
ダニーデン空港出迎え(ホームステイ利用の場合無料)

国立大学ロゴニュージーランドの国立大学付属語学学校です。

一般英語フルタイムコース(General English Full time)

2018年・2019年料金 

授業料 

1〜11週間 NZ$429/週

12週間以上 NZ$399/週(2018年のみ)

コーススタート日

各学期の試験期間を除き基本的に毎週月曜日から入学が可能。

コーススタートの数日前にオリエンテーションがあります。

期間 4週間以上
授業時間 AM 9:00 ~ PM 3:00 週23時間
入学基準レベル 英語力は問いません。

2018年・2019年料金

アカデミック英語コース (Academic English)

授業料 

1〜11週間 NZ$429/週

12週間以上 NZ$399/週(2018年のみ)

コーススタート日

各学期の試験期間を除き基本的に毎週月曜日から入学が可能。

コーススタートの数日前にオリエンテーションがあります。

期間 4週間以上
授業時間 AM 9:00 ~ PM 3:00 週23時間
入学基準レベル 英語力は問いません。

オタゴ大学入学準備英語コース(English for Otago)

授業料 

NZ$6885

コーススタート日

年2回の入学が可能。

コーススタートの数日前に入学試験、オリエンテーションがあります。

2018年

2/19 10/15

2019年

2/25 10/21

期間 15週間
授業時間 AM 9:00 ~ PM 3:00 週23時間
入学基準レベル

Under Graduate コース

英語力:TOEFL ibt70以上 紙ベース525以上。 IELTS5.5以上。

Post Graduate コース

英語力:TOEFL ibt80以上 紙ベース550以上。 IELTS6.0以上。

ファンデーションイヤーコース

授業料 

ブリッジングプログラム : NZ$ 2753

アート&コマース : NZ$23124(23586)

サイエンス : NZ$24118(25083)

学生サービス費

2ターム : NZ$798

1ターム : NZ$399

ブリッジングプログラム : NZ$135

コーススタート日

年2回の入学が可能。

詳しくはLiv-infoまでお問い合わせください。

期間 1年間
入学基準レベル

日本の高校3年生を卒業している方。

高校卒業時の成績がグレード3以上または平均70%以上必要。

英語力:TOEFL ibt70以上 紙ベース525以上。IELTS5.5以上。

学校の特徴

  • ニュージーランド政府が運営する国立校。
  • 日常会話はもとより、オタゴ大学への進学、アカデミックな英語を習得したい方には、環境・コースの整った学校。
  • NZQA認定校(ニュージーランド資格審査庁)     
  • English New Zealand加盟校(ニュージーランド語学学校連盟
背景

オタゴ大学はニュージーランドの国立大学です。生徒数は2万人です。その中で2600名は留学生です。また世界中の大学の中で100位以内に入るハイクオリティーな大学です。Language Centreはそのオタゴ大学内にあります。 オタゴ大学と言えば、医薬関連においてニュージーランドでトップの位置にある大学です。 また、オタゴ大学のあるダニーデンという場所は、ニュージーランドの南島でも下の方に位置しており、冬場は雪も積もる結構寒い地域です。寒さに弱い人はご注意ください!! ただ、この地方は降雨量は年間を通じて少ない方です。夏場は非常に過ごしやすいです。オタゴ大学を紹介しているページの写真にもありますように、桜が咲き誇り清々しい季節もあります。

生徒

Language Centreの生徒数は年間平均で約150名。 生徒の国籍ではスイス、スペイン、中東、中国、韓国、日本からの生徒など国際色豊かです。

オタゴ大学

オタゴ大学が運営する学校ですので、オタゴ大学の各施設(病院、カフェ、図書館、ジム、コンピュータラボなど)を利用することが認められています。 語学学校へ通いながら大学の雰囲気をつかむことが出来るというのも特徴的な部分です。 さらに、教師陣も質の高い先生を取り揃えています。CELTA,DELTAと言った英語教師の資格はもとより英語学におけるMaster(博士号)をもった教師もいます。 日常の英会話はもとより、オタゴ大学への進学ならびにアカデミックな英語を習得したい方にも、環境ならびにコースの整った学校であると思います。 オタゴ大学の学生は別名Scarfiesと呼ばれます。由来はかつて学生たちが色とりどりのスカーフをまとっていたことから”スカーフをまとった人たち”と言うニックネームが付けられたようです。 毎年3月にはオタゴ大学の学生たちによるイベントが行われてダニーデンの街が活気づきます。 ダニーデンは街の人口の1割以上がオタゴ大学生という学生の街でもあります。

一般英語コースについて

レベルは5。Elementary, Pre-Intermediate, Intermediate, Upper-Intermediate, Advenced となっています。 1クラスのサイズは最高16名、平均7~14名です。 毎週月曜(祝日の場合は火曜)から入学できます。 読む、聞く、書く、話すの4技能を勉強します。また、1学期(12週間)に2度の大きなテストがあり、プレゼンテーションなどのスキルも要求されます。テストの結果がよければ上級レベルへステップアップします。

学生サポートについて

この学校では日本人カウンセラーの方が常に滞在していると言うわけではないです。 問題が発生した際は基本的には”英語で解決”ということになります。 ホームステイについては学校自らがアレンジをしています。フレンドリーでスポーツ好きなアットホームな家庭を紹介するように心がけています。 アクティビティーは毎週金曜日に行われます。主なものはスポーツ、アート、料理、ミュージックやダニーデンにある大きなチョコレート工場訪問、スキーツアー、クイーンズタウンやフィヨルドランド訪問などが行われています。自然が豊富なダニーデンです。自然を題材にしたアクティビティーもたくさん楽しめるでしょうし、ニュージーランドの中でも”田舎”になりますので、きっとホームステイ先もおおらかな人が多いと思います。

インタビューの相手  アカデミックマネージャーのPaul Bakerさん


大きな地図で見る

View Larger Map
グーグルストリートが表示されない場合はAdobe Flash Playerをインストールするか別のブラウザで試してください。

映像が表示されない場合はAdobe Flash Playerをインストールするか別のブラウザで試してください。

学校の写真集

オタゴ大学キャンパス オタゴ大学の学生たち コンピュータールーム オタゴ大学カフェテリア
キャンパスと桜 キャンパスと学生 コンピュータールーム カフェテリア1
オタゴ大学スポーツジム カフェ オタゴ大学図書館
キャンパス内にあるスポーツジム カフェテリア2 図書館 ホストファミリー