ニュージーランド留学&ワーキングホリデー無料エージェント

ニュージーランド留学&ワーホリ個別相談・説明会

英語+ラグビートレーニングプログラム

英語+ラグビートレーニング

ラグビーの聖地と言われるニュージーランドで英語の勉強+ラグビーができるプログラムです。

オークランドにある語学学校 New Zealand Language Centresで英語の勉強。プラス2011年ラグビーW杯の決勝会場となったEden Park内にある世界最高レベルのインターナショナルラグビーアカデミーでのトレーニングを一つにしたプログラムです。オークランドラグビー協会主催のアカデミーでのトレーニングプログラムは元オールブラックスメンバーなどによってデザインされた最高水準のラグビープログラムです。最新のラグビートレーニングの設備が整っており、スーパーラグビーのチームAuckland Bluesのプレイヤーとの交流も可能。

参加資格

対象年齢 18歳以上

ラグビー経験 日本でラグビー経験のある方(男女共)

最低申し込み期間 2週間以上 (オススメは2ヶ月間以上)

英語力は問いません。 (現地日本人ラグビーコーディネーターがいますので安心。)

プログラム内容

<オプション1>

開催期間 2017年1月16日〜8月25日

午前中 英語の勉強

午後 (注1)ラグビートレーニング + 週2回の現地クラブチームでの練習

(注1)ラグビートレーニングに含まれるものとして、ストレングステスト、パワーテスト、ヨーヨーテスト、スピードテスト、英語学テスト、テクニカル&戦術スキル、

公式個人トレーニングプログラム、プロテインサプリメント、公式選手プログレスレポート、ブルースや州代表の練習視察

<オプション2>

開催期間 2017年2月末〜8月末まで (シーズンスタートの2月〜3月頃にお越しいただくことをオススメします。)

午前/午後 フルタイムで英語の勉強

週2回 クラブチームの練習に参加 (状況によっては週末に試合出場のチャンスあり)

ラグビー留学経験者の感想

・トレーニングのメニューは体幹を鍛えるものが多かった。日本では体験できないレベルのトレーニングができた。

・相手チームの選手は大柄な選手ばかりなので、日本に帰ってからは当たり慣れしたと思う。

・英語の授業はとても充実していた。なるべく話すこと、聞くことに注力できるように指導してくれた。

・チームメイトなど地元の選手との英語はかなりきつかったけど、最後には4割程度は聞き取れるくらいになった。

・学校ではきちんとした英語を学び、ラグビー中はKIWI英語が飛び交っているので、両方を学ぶことができて良かった。

ラグビー留学経験者からのアドバイス

・最低でも2ヶ月は留学すべき。1ヶ月では英語がついてこない。

・できることなら1シーズン通して留学すべき。

・「英語ができない。」とか重い腰が上がらないかもしれないけども、勇気を持ってトライすべき。

 

オークランドラグビートレーニングの様子