ニュージーランド留学&ワーキングホリデー無料エージェント

ニュージーランド留学&ワーホリ個別相談・説明会

留学するならやっぱりニュージーランド

留学サポートの経緯と方針

Liv-infoはこんな思いで留学サポートを行っています。

 Liv-infoでは、生活・文化情報の提供、そして語学留学としてこの国へやってくる方へのサポートを行っております。日本を離れて一人で異国の地にやってくる皆さんが、いきなり英語&異文化シャワーを浴びてハードランディングしてしまう前に、うまくソフトランディング(軟着陸) できるようにサポート&アドバイスをさせていただいております。「よし、ニュージーランドで英語の勉強をするぞ!」と決めた日から、実際に学校へ通い、ホームステイを始めるまでの留学・ワーキングホリデーにおける 最初の第一歩を重点的にサポートしております。Liv-infoも10年間のニュージーランド生活を踏まえて、異国の地にやってきて生活することがどれだけ大変なことであり、また楽しいものであるかを実感しております。ホームページの中にもいくつか体験記を載せて いますので参考にしていただければと思います。

Liv-infoとしましても、「皆さんにも体験していただきたいなぁ。」と思うこともありますし、「出来ればそこは避けて通った方が・・・・。」と思うこともあります。また、「知らずに困った!!」とか、「あの時こうすればよかったなぁ・・・。」 と思うこともあります。生活をしていると色々なことに遭遇します。そういう経験を下に、これからニュージーランドに来られる皆さんには、「ニュージーランドでの生活を少しでもスムーズにスタートしていただけるように!!」との思いから、この留学サポートを行っております。

Liv-infoでは(有料)年間&24時間サポートというものは行っていません。

なぜ、有料サポートを行わないのか??理由ははっきり言ってあまり必要だと思わないからです。そして、せっかくのチャンス(海外生活での体験)を無駄にせず、自分で出来ることは自分で、資金はできるだけ有効に無駄なく使っていただく方が皆さんにとって一番良いと思っているからです。 海外へ行き、そこで生活をするということには、色々な不安要素が出てきます。

  • 病気になったら・・・?
  • 事故や事件に巻き込まれたら?
  • 心配事が出来たら、誰に相談するの? 

しかし、実際に生活を始め、そのリズムに慣れてくると異国での生活も安定してきます。こうなると、通常の生活の中では「留学サポートのエージェントに頼まなきゃ!!」とか「今すぐにサポートが欲しい!!」とはあまり思わなくなります。

ここまで書くと、「留学って誰にも頼らずに一人でも出来るのでは?」って思われるかもしれません。「絶対に誰にも頼らず、全て自分ひとりでこなしてやるぞ!!」という強いモチベーションがあれば一人でも出来ると思います。”そういう方々には是非自分の力を試していただきたい!!”とも思います。苦労や困難もあろうかと思いますが、やり遂げた後には飛躍が待っていると思いますよ。

しかし、海外での滞在期間中には、病気・事故・怪我など不測の事態に「誰かのサポートが今すぐ必要・・・。」ということも可能性としては起こりえます。

「色々な不安を一人で抱え込んでしまうのは重荷になる。」と感じるなら・・・。

「出来る限りのことは自分で行って余計なお金も掛けたくない。 でも、安心できる何かが欲しい。」

そう思われる方は、是非一度よ~く検討して、自分に一番ふさわしい留学スタイルを探してみてください。このあたりの詳細は”留学スタイル””留学・ワーホリの方に贈る言葉”のページに書かせていただいておりますのでご覧ください。

”出来る部分は自分で行う。でも本当に困ったときには頼れるサポート体制がある。”そういう思いで臨んでいただければと思います。

Liv-infoを立ち上げるに際して

Liv-infoの留学サポートを行なうに際し、オーストラリア シドニーにて留学サポートをされているAPLaC(アプラック)田村さんに大変お世話になりました。実際にシドニーへお伺いし、 「そのポイント」、「進め方」、「各学校との取材方法」、「サポートの内容」などをアプラックを通じて学校見学に来られていた方々と一緒に学校訪問をし、どのように語学学校を選んでいくのかを現場で体験させていただき、多くのことを学ばせていただきました。よってLiv-infoの留学サポートは、APLaCの留学サポートを非常に参考にさせていただいております。

Liv-infoから一言

「海外で英語を勉強する。」=「その英語の環境に身をおいてみる。」+「実践してみる。」と言うことはとても大切なことだと思っています。留学&ワーキングホリデーをされる方にはどんどん進んで英語の環境に飛び込んでいっていただきたいと思います。 Liv-infoではサポートをさせてもらった方々が日本へ帰られるときに、ひとまわりもふたまわりも成長されて帰国されることを願っております。