ニュージーランド留学&ワーキングホリデー無料エージェント

ENZRAロゴ

留学するならやっぱりニュージーランド

オークランドのバス

 オークランドのバスの種類

オークランドの公共交通としてバスは中心的な役割を果たしています。留学やワーキングホリデーでオークランドに滞在される際には必ずと言っていいほど利用することになるでしょう。オークランド全域にくまなく路線が設定されていて、バスの種類もいくつもあります。目的地の応じたバスを利用することになります。

North Star
オークランド中心からノースショア方面へ向かうバスです。青と黄色のカラーで、よく目立ちますが、空港バスと似ていますので間違えないように・・・。

リンクバス

Link
オークランドの中心地(City)を周回しているバスです。グリーン色のInner Link内回り、オレンジ色のOuter Link外回り、赤色のCity Linkの3タイプがあります。

Metrolink
オークランド中心地から各方面へ路線が伸びているバスです。青色にシルバーの模様が入ったバスです。

ワカパシフィックのバス

Waka Pacific
オークランド中心地から南オークランド方面への路線があるバスです。

ゴーウエストのバス

Go West
オークランド中心地から西オークランド方面への路線があるバスです。

バーケンヘッドトランスポートバス

Birkenhead Transport bus service
ノースショアのバーケンヘッド、ビーチヘブン、ノースコート方面からオークランドシティへ向かうにはこのバスが便利です。

リッチーズバス

Ritchies
オークランド市、ノースショア市を走るバスです。 白いボディが特徴的です。North Starと路線が多少重なっています。

空港バス

空港バス
オークランド空港とオークランドシティ内を結んでいるシャトルバスです。詳しくはオークランド空港バスをご覧ください。

 

バスルート&時刻表の検索

インターネットでAuckland Transport(オークランド地域交通局)から、ルート検索&時刻表を調べることが出来ます。
デイリー(日用雑貨品店) コンビニエンスストア(FIX) (観光情報センター)i-Siteで時刻表を貰うことが出来ます。
バスの路線が多く時刻表も数多くあります。ホームステイ先の場所、語学学校の場所などから自分の希望する路線をきちんと分かっていた方が探しやすいと思います。

バス停

シティ内の待合室オークランド中心部(シティ)の大通りに面した待合室付のバス停です。 全面ガラス張りになっているので、バスの接近もよくわかります。

電光掲示板付きの時刻表

電光掲示板つきの時刻表です。 行き先、バスの到着予定時刻が表示されます。GPSを使って到着予定を表示しています。

郊外のバス停

待合室付き郊外のバス停です。
電光掲示板にバスの到着時間、行き先、ルートナンバーが表示されます。ボタンを押すと音声で次のバスの到着時間などを伝えてくれる装置もあります。

標識のみのバス停

昔ながらの標識のみのバス停です。 時刻表も何もありません。心細くなるバス停です。スクールバス専用のバス停からは乗車できませんので気をつけましょう。

バスの乗り方

基本的にバス停で待っているとバスは止まってくれます。
しかし、待合室がある場合などは特にバスが来そうになったら、運転手から目に付く位置で待っている方がいいです。
また、一つのバス停に複数の路線がある場合などは、自分が乗りたいバスが来たら、手を上げて運転手に合図を送ります。
扉はバスの前と中央あたりの2箇所にありますが、乗車は前の扉から行います。 バスのフロント上部に行き先とルートナンバーの電光掲示板(一部のバスではありません。)があります。バスが近づいてきたら、まずはルートナンバーを確認して自分が乗りたいバスかどうかの確認をします。

バスの降り方

目的地に近づいて来たら、座席の近くにある降車ボタンを押して運転手に降車したいということを示します。
「次は○○○です。」のような車内アナウンスはございませんので、どのタイミングでボタンを押せばいいのか??困るときもあります。
その時は、あらかじめ運転手に地図を見せるなり住所か道路の名前を言うなどして「○○○で降りたいので、近づいたら教えてください。」
って頼んでおけば、目的地に近づくと「次だよ。」と教えてくれますが、混雑時や運転手によっては相手にしてくれないこともありますので、その時は自力で頑張るか親切な乗客に助けてもらったりということもよくあります。仮に自分の降りたいバス停を通り過ぎてしまったとしても、ほとんどの場合バス停の間隔はそんなに離れていません。せいぜい数百メートルぐらいですので十分歩いて戻って来れます。。。

バスの降車口は前方の運転席の横とバスの中央にあります。表示には「降車はバスの中央口からお願いします。」と書いてあります。
しかし実際にはみんな両方の出口から降りています。
降りるときには運転手に「Thank you driver.」と一声かけてから降りていく人が多いですよ。
がんばって一声掛けるようにしましょう!!

切符の購入方法

毎回現金で乗車する場合はバスの運転手から切符を購入します。バスに乗るときに運転手に行き先を告げます。すると、運転手が料金パネルに入力して金額を言ってくれます。しかし、これがなかなか聞き取りづらいです・・・。運転手に行き先を書いた紙を見せるとか、地図を見せるのも方法です。
料金を払うと領収書がパネルの横から出てきますので、取り忘れの無いようにしてください。

バスカード(ATHOP)

オークランドのほとんどのバスに適用されます。日本のSUICA、ICOKAカードに似たものです。まずはカードを購入して、プリペイドでお金をチャージします。バス、鉄道、フェリー、コンビニでの買い物などに利用できます。実際にどのようなカードなのか、ATHOPを紹介している映像をご覧ください。

ネットでカードが購入でき、チャージ(トップアップ)や残高照会、盗難時の紛失届などもすべてオンラインで可能。
オークランド中心部(シティ)のフェリー乗り場や鉄道駅、観光案内所、コンビニエンスストアでも購入、チャージが可能。
乗降の際にはTag On Tag Offを忘れずに行うようにしましょう。
Tag Offの際に利用料金とカード残高が表示されるので、早めにチャージ(トップアップ)するようにしましょう。

Tag On 乗車時にカードリーダーにカードをかざします。
Tag Off 降車時にカードリーダーにカードをかざします。

バス料金

頻繁にバスを利用すのであればAT HOPカードがお得です。語学学校などに通われる学生の方は条件が合えば学割が適用されます。各語学学校、受講条件などにより異なります。バス料金のページです。適用される場合はTertiary Concession(学割)としてAT HOPカードを申請するようにしましょう。

Linkバス

グリーン色のInner Link内回り、オレンジ色のOuter Link外回り、赤色のCity Linkの3タイプがあります。赤色のバスはAT HOPカードがあれば無料で乗れます。10分~15分間隔でバスがやってきます。バス停には「リンクバス」の表示があります。朝6時30分~夜11時00分まで運行。料金は一回の乗車に対して定額となっていますので、1駅間乗っても1周しても料金は同じです。