ニュージーランド留学&ワーキングホリデー無料エージェント

留学するならやっぱりニュージーランド

 オークランドってどんな町?


 2007年6月5日(火)

オークランドの町並み

今週のオークランド・トピックはLiv-infoファミリーの暮らすオークランドってどんなところだろう? と自問自答してみて、思いつくことをいくつかご紹介します。 まず、自然は豊富ですね。緑が多いです。公園も一杯あります。 上の写真も公園のひとつです。隣にはラグビー場があります。その横には子供の遊び場があります。 遊具も揃っています。 芝生が多いから、余計に緑が多いように感じるのかもしれません。 丘の上から住宅地を眺めると、写真のような景色です。家並みもたくさん見えますけど、緑も多いように思いませんか?庭先に大きな木が植わっているという光景はよくあることです。

ニュージーランドには原子力発電所がないです。発電は風力、火力、水力に頼っています。 オークランドの郊外には大きなダムがあります。 雨不足になると → 水不足となり → たまに節電をしないとけなくなり、最悪は停電となります。 ニュージーランドは先進国です。でも人口はたったの400万人。オークランドの人口は100万人です。 100万人分の消費電力を養うには水力、火力、風力で十分なんでしょう。 だから、たまにやって来る水不足のときは、みんな仕方なく節電に協力しています。

これからニュージーランドにやって来る人のために、ニュージーランドの家庭について説明しますと、 ほとんどの家庭では電力が主なエネルギー源となっています。 電気コンロ、電気ヒーター、電気式湯沸かし器などなど・・・。 日本ではガスが担当している部分もニュージーでは電気に頼っています。 だけど、エアコンはほんとにここ数年で少し普及したかなぁ??という程度です。 電気に頼りきっている国なのに、エアコンは普及せずに、相変わらず暖炉と扇風機を使っています。 まぁ、真夏でもエアコンで冷やさなければならないほど気温は上昇しませんけどね。 真夏の最高気温が27度程度です。

通常オークランドというと、オークランド市、ワイタケレ市、マヌカウ市、ノースショア市、この4市を総称してオークランドと呼びます。結構大きな面積ですよ。 そして、オークランド市の中心地が”シティ”と呼ばれる街となっています。 このシティと郊外では雰囲気は全く違います。観光でオークランドへいらした方がシティのみ滞在されたとすると、オークランドは車も多いし、人も多い。と思われるかもしれません。 でも、一歩郊外へ足を向けてみると、そこには自然が一杯でのどかな環境があります。 たま~にですけど、オークランドには羊が一杯でどこにでもいるものだと思われている方がいます。 羊はオークランドにも一杯いますが、人の住む地域から少し行った所の農場にたくさんいます。 羊と隣りあわせて暮らしているわけではないですので・・・。 羊以外にも馬、牛も一杯いますよ。

基本的に牧歌的な雰囲気の町がオークランドです。ですので、基本的に人々は優しいですよ。 道に迷っていたら、助けてくれるでしょうし、人助け=正義がかなり表に現れている国です。 「困っている人がいたら助ける。」という気持ちが旺盛な国です。 一昔前の日本の社会もこうだったような気もしますけどね・・・。今はどうだか?? でも、でも、犯罪は起こっています。夜道の一人歩きや、夜遅くに出かけるのは慎重にされていた方が良いでしょうね。日本人が巻き込まれる事件も実際に起こっていますので・・・。

オークランドの街中で日本語を見かけるとしたら、日本食レストランかお土産屋くらいでしょう。 それくらいに日本語は盛んじゃないです。ですので、英語で何事も考える必要があります。 団体ツアーは別として、個人で旅行なり滞在されるのであれば、英語を使う場面は結構出てきますよ。 唯一、公衆電話には日本語の表記があります。スカイタワーなど有名な観光スポットには日本語ガイドブックがありますが、それでも日本語にお目にかかる機会は少ないように思いますね。 郊外へ来れば、まず日本語の環境はないと思っておいた方が良いですよ。

ニュージーランドは先進国ですので、いろんなものが手に入ります。経済も豊かです。 ただ、品数が少ない・・・。とは言えますね。この辺りも人口から来ているのでしょうけど、売れ筋商品しか取り扱っていないという印象はとても受けます。 でも、ほぼ何でも揃いますし、ニュージーランドの人たちはその環境の中で豊かに暮らしています。 ニュージーランドへやって来る際に、「こんなものはニュージーにはないだろうなぁ。これは必要だろうなぁ。」と荷物の量を増やしてしまう前に、「ニュージーでもあるのでは?」と考えてみてください。 色々と書きましたが、思いつくままオークランドの街、そしてニュージーランドについてでした。