ニュージーランド留学&ワーキングホリデー無料エージェント

留学するならやっぱりニュージーランド

短期留学体験談パート9

 ニュージーランド短期体験談

Profile

名前     上野 美穂 さん

年齢     20歳

学校     Unique NZ

写真右から3番目

英語の勉強方法、休日の過ごし方、異文化体験

はじめに

私は、この春休みの約2ヶ月間、NZの語学学校に短期留学をしました。

もともと英語に興味があったことと、大学で国際文化について学んでいるので、大学の間に1度英語圏に留学したいと考えていました。

母に相談したところ、母の友人がNZで留学関連のエージェントをしていることを聞き、留学先をNZに決めました。その友人とは、他でもない額田さんでした。

行くからには「行って良かった」と思える留学にしたいと考えていました。

学校について

私が通っていた学校(Unique NZ)は、ノースショア市のブラウンズベイという郊外の街にありました。午前中にGrammer、午後にSpeakingの授業があり、クラスは入学時のテストで決まります。

Grammerの授業は、その名の通り文法中心の授業です。

日本でもある程度習っている内容ですが、英語でその授業を受けると、リスニングの勉強にもなり新鮮でした。また、日本で習った文法で、ネイティブの人は使わない表現があることを初めて知りました。

午後の授業では、常にペアやグループで話していました。

与えられたテーマについてディスカッションしたり、日常的に使う会話・語彙を習いました。

ペア練習の時は、できるだけ他国同士でペアを組むというルールが生徒の間でありました。

勉強法

リスニング

私がホームステイさせてもらった家族が映画好きということもあり、英語のサブタイトルを出してもらって一緒に見ていました。

リスニングはもちろん、授業で習ったイディオムが結構使われていたので、いつ使えばいいか参考になりました。

英語で日記

あとは英語で日記を書いていました。できるだけ、その日に習った文法を使うように心がけました。次の日に担任の先生に見てもらって直してもらっていました。

自分の苦手な場所がわかるし、毎回コメントを書いてもらえたので交換日記みたいで楽しかったです。
そして何より大切なのは、積極的に会話することです。

スピーキング

私も最初は恥ずかしくて、他国の人やNZの人と話せなかったのですが、それでは留学に来た意味がないしもったいないと思い、授業でも発言するようにしたし、外国の人にも話しかけました。

NZの人はあったかい人ばかりだし、学校では英語を勉強しに来ている人が集まっているので、ジェスチャーしながらでも、文法メチャクチャでも、ちゃんと耳を傾けてくれます。

そのうち英語を話すということへの抵抗が薄れてくるので、「話す」というのは本当に勉強になると思います。

また、週に2回学校で行われる発音練習のクラスに参加しました。発音が悪く、友達と話していても通じないことが多々あったので、とても勉強になりなした。

休日

2ヶ月という短い期間で、NZのことを知りたかったこともあり、学校のアクティビティにはできるだけ参加しました。日本人だけのものもありましたが、他の語学学校の人たちと旅行するものもあり、Speakingの練習にもなりました。

おかげでNZ北島はほとんどまわる事もできたし、NZ独特のアクティビティも体験できました。

ただ、治安については充分気をつけた方がいいです。NZの人(シティは別ですが)はほとんど夜出歩きません。外灯も少ない上に、車についてこられたり、いきなり車から叫ばれたりして1人で歩くのは本当に恐かったです。

やはり夜に襲われた人が実際にいるようですので、NZは世界で比較的に治安のいい国とはいえ、日本とは違うんだという危機感は持つべきだと思います。

異文化体験

学校には色んな国からの留学生がいました。

話していると、国によってみんなそれぞれ考え方が違うのでおもしろかったです。

仕事、家族、恋愛、勉強・・・何気ない話題でも違う視点から話を聞くと、何回でもそれについて考えることができるので新鮮でした。

特に、食文化については興味深かったです。

他のクラスの子がお好み焼きを作って持ってきてくれたのですが、ヨーロッパ圏の子は匂いだけで食べるのを拒否していました。他の地域の子もあまりノリ気じゃなく、喜んでいたのは日本人だけでした(笑)
また、ステイ先でマーマイトという調味料を試してみたのですが、これはNZとオーストラリアの人が好む味で、他の国の人には不評ということをファミリーから聞きました。

日本では体験できなかったことだと思うので、NZに来てよかったなと思いました。

●おわりに

長いと思っていた2ヶ月は、本当にあっという間でした。

英語については、上達したか?と言われるとハイとは言えません。

もっと話せば良かった、授業にもっと積極的に参加すれば良かったなど、反省点もあります。

しかし、日本では考えたことのなかった「英語を話す楽しさ」について、身を持って感じることができました。英語を話すことで、いろんな国の人と話すことができ、外国人の友達もできました。

英語って楽しいな、もっと話せるようになりたいなと考えるようになり、今は日本でも英語を学べる場所を探しています。

また、いろんな国の人と関わっていろんな考えを聞いて、自分の将来について何回も見つめなおし、今年から始まる就活に向けて目標も立てられました。

今回の留学は、自分にとって大切な経験であり、「行って良かった」と思えるものになりました。最後になりましたが、留学前の手続きから帰国まで、額田さんには何から何まで助けてもらい、お世話になりました。本当にありがとうございました。