Language Schools New Zealand

Language School New Zealand


地方の小さな町でのんびりと勉強のできる学校。

スキー&スノーボード+英語が楽しめる学校。

多国籍な学生とフレンドリーでアットホームな環境

NZQA(ニュージーランド資格審査庁) 認定校

English New Zealand(ニュージーランド語学学校連盟) 加盟校

2024年よりクライストチャーチキャンパスがオープンします。

NZQAカテゴリー1 スクール

2024年料金

入学金

NZ$250

教材費 保証金

NZ$130 (汚損、破損がない場合卒業時にNZ$50返金)

ホームステイ手配代

NZ$300

ホームステイ代

NZ$400/週  クィーンズタウン

NZ$350/週 クライストチャーチ

ベジタリアン等特別食費用

NZ$30/週

クィーンズタウン空港&クライストチャーチ空港出迎え

NZ$95 ホームステイまたは学生用宿泊施設利用の場合

学生用宿泊施設(クィーンズタウン)

NZ$300/週 シングルルーム

4月〜9月の期間は冬季料金としてNZ$40/週の追加費用が必要です。

10月〜3月の期間は夏季料金としてNZ$30/週の追加費用が必要です。

保証金

NZ$350 内NZ$300は返金対象

リネンパッケージ

NZ$50

滞在期間

4週間以上

クリスマス休暇

2024年12月21日(土)〜2025年1月5日(日)

2024年料金

日常英会話フルタイム20時間コース

授業料 

2〜13週 NZ$440/週

14〜23週 NZ$420/週

24〜35週 NZ$400/週

36〜48週 NZ$380/週

コーススタート日

毎週月曜日スタート(祝日の場合は火曜日)

期間

2週間以上

授業時間

午前コース AM 8:00 ~ PM 12:15 週20時間

夜間コース PM 17:15 ~ PM  21:30 週20時間(クィーンズタウンのみ)

入学基準レベル

英語力は問いません。

2024年料金

日常英会話コース+ホテルインターンシップ

料金

ホテルインターンシップ: NZ$5800

英語コースについては上記の日常英会話コースを参照してください。

インターンシップ期間

5ヶ⽉〜6ヶ月間

費用に含まれるもの

  • インターンシップ先紹介
  • インターンシップ生活中のアコモデーション ⼿配
  • 銀⾏⼝座開設サポート
  • IRD申請サポート
  • 日本人スタッフによる安心サポート
  • 1、3、6ヶ月目のフォローアップ面談

費用に含まれないもの

  • アコモデーション契約初期費用や家賃
  • その他生活費など

参加条件

  • 18〜 30歳の方
  • ワーホリビザを取得でき、5ヶ月以上継続して、同一の雇用主の下で勤務が可能な方
  • 就労経験(アルバイト含む)がある方
  • 正社員として働く心構えがある方
  • 接客で必要になる英語力を語学学校で身につけること(卒業までに中級以上まで達すること)

ホテルインターンシップの詳しい内容はニュージーランド・有給インターンシップのページをご覧ください。

2024年料金

IELTS試験準備コース

授業料 

2〜13週 NZ$490/週

14〜23週 NZ$470/週

24〜35週 NZ$450/週

36〜52週 NZ$430/週

コーススタート日

毎週月曜日スタート(祝日の場合は火曜日)

期間

6週間以上

授業時間

AM 8:00 ~ PM 12:15 

週20時間

入学基準レベル

中級以上の英語力が必要。事前にエントリーテスト受けることができます。

2024年料金

クィーンズタウンとクライストチャーチ。ニュージーランドを代表する2大観光地で学ぶことができるコースです。ワーキングホリデーの方におすすめのコースです。

Comboコース

授業料 

2〜13週 NZ$440/週

14〜23週 NZ$420/週

24〜35週 NZ$400/週

36〜48週 NZ$380/週

コーススタート日

毎週月曜日スタート(祝日の場合は火曜日)

期間

4週間以上 〜 13週間まで

一つのキャンパスで2週間以上が必要。

クィーンズタウンとクライストチャーチのキャンパスで学ぶことができます。

例1) クィーンズタウン6週間 クライストチャーチ7週間 = 合計13週間

例2) クィーンズタウン2週間 クライストチャーチ2週間 = 合計 4週間

授業時間

AM 8:00 ~ PM 12:15 週20時間  

Or

PM 17:15 〜 PM  21:30 週20時間

入学基準レベル

一般英語コースのみの場合は英語力は問いません。

試験準備コースを含める場合は中級以上の英語力が必要。事前にエントリーテスト受けることができます。

入学対象者

ワーキングホリデービザ、観光ビザまたは観光目的ノービザの方が対象となります。

<注意点>

申し込み時点でコンボコースを指定する必要があります。後からコンボコースへの変更はできません。

到着後の内容変更に関してはNZ$50の費用がかかります。


Super Comboコース

Super Comboコースの特典としてクィーンズタウン クライストチャーチ間の片道航空券を無料でプレゼント。

授業料 

2〜13週 NZ$440/週

14〜23週 NZ$420/週

24〜35週 NZ$400/週

36〜48週 NZ$380/週

コーススタート日

毎週月曜日スタート(祝日の場合は火曜日)

期間

14週間以上の期間が必要。

一つのキャンパスで2週間以上が必要。

クィーンズタウンとクライストチャーチのキャンパスで学ぶことができます。

例1) クィーンズタウン4週間 クライストチャーチ10週間 = 合計14週間

例2) クィーンズタウン10週間 クライストチャーチ10週間 =  合計20週間

授業時間

AM 8:00 ~ PM 12:15 週20時間  

Or

PM 17:15 〜 PM 21:30 週20時間

入学基準レベル

一般英語コースのみの場合は英語力は問いません。

試験準備コースを含める場合は中級以上の英語力が必要。事前にエントリーテスト受けることができます。

<注意点>

申し込み時点でコンボコースを指定する必要があります。後からコンボコースへの変更はできません。

到着後の内容変更に関してはNZ$50の費用がかかります。

Liv-infoからお申し込みをいただきますと、以下の特典が適用されます。  

授業料割引キャンペーン 

クライストチャーチキャンパス

2〜13週間   NZ$264/週

14〜23週間  NZ$252/週

24週間以上   NZ$240/週

2024年8月31日までにお申し込み、並びに12月9日までにスタートできる方が対象です。

一般英語またはIELTSコースが対象となります。

 

クィーンズタウンキャンパス

2〜13週間   NZ$410/週

14〜23週間  NZ$390/週

24週間以上   NZ$370/週

2024年8月31日までにお申し込み、並びに12月9日までにスタートできる方が対象です。

一般英語またはIELTSコースが対象となります。

Job Clubキャンペーン

ワーキングホリデー、学生ビザ(就労可能)の方が対象となります。仕事探しの方法や準備についてのアドバイスを受けることができます。

背景

この学校のオーナーはニュージーランド人のGuy Hughesさんです。1993年に設立された学校です。 校舎はQueenstownにあります。

1998年にクライストチャーチキャンパスを開校。その後クライストチャーチの地震の影響を受け2011年にクライストチャーチキャンパスを閉鎖。 コロナ危機の期間はクィーンズタウンキャンパスの運営も休止し2022年9月から再スタートしています。また、2024年1月よりクライストチャーチキャンパスも再開します。

立地

<クィーンズタウン&クライストチャーチ>

クィーンズタウンはニュージーランドでナンバー1のアドベンチャーキャピタルと呼ばれるほど1年を通しアクティビティーが豊富なリゾート地です人口は3万人程度。観光客数は年間10万人を超えます。そのため、国内の他の街よりも物価が高めですが、無料や低費用でできるアクティビティーもたくさんあります。フラット(日本のアパートの様なもの)の1週間の家賃は約NZ$100~ NZ$150、バックパッカーズやユースホステルなどの1泊の料金は相部屋で約NZ$25前後です。バスの運賃は市内であればNZ$3.00 ~NZ$5.00, マクドナルドやKFCのコンボはNZ$7前後です。映画は大人料金で通常NZ$16.50ですが学生割引きで2~3ドル割引になります。 クィーンズタウンには数多くのレストランやカフェ、パブがあり、店の多くは毎日朝から夜遅くまで営業しています。週末も通常通り営業している店がほどんどです。ワーキングホリデーの方にとっては仕事先も見つけやすい場所です。 2020年1月に校舎が引っ越しました。新キャンパスはクィーンズタウン空港のすぐ近くです。ホームステイ先の多いエリアも近隣にあるので通学もより便利になっています。

2024年1月にクライストチャーチキャンパスが復活します。以前と同じ校舎になります。キャンパス周辺にはショッピング街、レストラン、カフェが点在し、少し行けば大きなハグレー公園があります。

クライストチャーチキャンパスの復活に伴い、コンボコースも復活します。コンボコースとは2つのキャンパスで学ぶことができるコースです。ワーホリの方に人気のあったコースです。ワーキングホリデーを目指す方はぜひご検討ください。

気候

夏は日差しがとても強く、乾燥していて気温は約20 ~30 前後。日焼け止めやサングラスは必需品です。 冬は0 ~8 前後とかなり寒くなり、家の中の暖房も日本と比べると寒いと感じる人が多いようです。防寒着や厚めのセーター、ホッカイロなど持参すると良いでしょう。

校舎

冬はスキーやスノーボードが手軽に楽しめ(スキー場は学校から車で約30分)、夏はヨガやタッチラグビー・サッカーなどなど楽しいアクティビティーをたくさん用意しています。 学校内の施設としては、ラウンジ・キッチン・生徒用のコンピューターが3台(日本語対応・無料)・ゲームエリア(ビリヤード・卓球)等です。また、学校の庭や隣のラグビー場を利用して盛んにスポーツが行われます。

生徒

2022年9月5日から学校(クィーンズタウン)が再開しています。年末までにはコロナ前までの学生数に戻る予定です。

多国籍というのが特徴であり、ヨーロッパや中東、南米、アジア、南洋諸島など、平均して15カ国からの生徒たちが勉強しています。 日本人生徒は平均して2割程度。多国籍ということもあり生徒たちは英語オンリーを結構守っているようです。フレンドリーでアットホームな環境というのもこの学校の特徴の一つです。

クラス

2024年から午前、午後の2コース体制になります。午前、午後のコースは生徒数の増減により決定されます。

また、2024年からは日常英会話コースに加えて英語試験準備コースも開催されます。

コースは毎週月曜日から開始する事ができます。午前の授業は9時から12時までで途中15分間の休憩を挟みます。午後の授業は1時から3時までで、途中10分間の休憩があります。午前の授業は正しい文法の使い方に重点が置かれています。テキストを使用し、総合的に全てのスキルを高めていくのが目的ですので、新しい文法を学ぶと同時に単語力の強化やリーディング、ライティング、スピーキング、リスニングがバランス良く取り入れられています。 午後の授業はとにかく話す事に重点が置かれています。状況を設定しそれに合わせた表現方法を学ぶクラスもありますし、上級レベルでは会話やディスカッション等で自分の意見を表現したり、他の国籍の生徒達との意見交換などが行われます。レベルに合わせて初級から上級までのクラスの他に、ケンブリッジやIELTS等の試験対策コースもあります。                          

学生用アパートメント

学校ではホームステイの他にステューデントアパートも手配しています。ホームステイはちょっと苦手という方や、世界各国からの生徒達との共同生活をしてみたいという方にお勧めです。到着日にホームステイコーディネーターが空港で生徒さんの名前が書かれたサインを持ってお待ちしています。空港からアパートまでお送りします。

学生サポート

この学校にはオンコールで対応してくれる日本人カウンセラーの方がいます。 学校ではホームステイの手配をしています。ニュージーランドの家族と、その家族の一員として過ごすという事はもちろん英語の良い練習になるだけではなく、現地情報をたくさん持っているファミリー達からニュージーランドについても色々学べ、何よりも安全でくつろげる環境を得る事ができるという事がホームステイの魅力でもあります。ホームステイファミリーはコーディネーターによって厳選された経験豊かなファミリーばかりです。生徒さんからのフィードバックや定期的に行われるアンケートでの意見を大切にし、より多くの生徒さんが快適で楽しい滞在を過ごせる様心がけています。また、ファミリーはニュージーランドの規定により、全員ポリスチェックを受けております。

インタビューの相手 Manger の Guy Hughes さん 

学校周辺マップ

住所:11 Hawthorne Drive Level2, Dart House Remarkables Park, Frankton, Queenstown New Zealand

学校紹介ビデオ


School Photos



フェイスブックロゴ
ツィッターロゴ
インスタグラムロゴ
Youtubeロゴ