インターネットについて

ニュージーランドのネット環境について


留学の問い合わせ



フリーWifi

オークランドをはじめとする都市部にはたくさんのフリーWifiゾーンが設定されています。

図書館

バス・鉄道・フェリーのターミナル駅構内

マクドナルドやバーガーキング、カフェなど。

ショッピングセンター内

各地の空港

i-site (観光案内所)

Backpackers 

YHAなどの宿泊施設

語学学校

数台から数十台のパソコンが完備されています。通学中はもちろん、なかには卒業後も利用できる学校もあります。

ホームステイ先

ホストファミリーの許可があれば利用できます。データの容量に関しては最近では無制限プランを選択している家庭も多くなってきましたが、中にはデータ制限のかかっている家庭もあるので、各家庭の状況に合わせて使用する必要があります。

フラット先

フラット先によって異なりますが 利用料金がフラット代に含まれているものや別になっているものなど色々ですので、フラットの契約をする際によく確認しておきましょう。

ネット環境

ニュージーランドでも光回線が主流になってきますが、まだ ADSL回線も残っています。

データ従量制に注意

ホームステイ先やフラット先では注意が必要です。ニュージーランドではデータ使用制限フリーの契約をしている人が多くなってきていますが、中には以前と変わらずに従量制で契約をしていることもあります。このような場合は、 日本のような”月額固定料金で使い放題”と言うシステムではないでので ホームステイ先やフラット先での使用については、この点を十分理解してデータの使用量についてホストファミリーやフラットオーナーともよく確認をしておくのがいいでしょう。

主なデータ容量  40GB/月  120GB/月 (Sparkの場合) 

パソコンは日本から持って来るべきか?

持って来る利点

ノートパソコンであれば持って来るのも良いと思います。 自分のパソコンだと使い勝手もいいでしょうし、スマホで撮影した写真等のデータ保存、メール、ネット、英語の勉強などにも便利に使えます。 特に中長期留学や専門課程、大学に留学をされる方はレポートやエッセイ等の提出もかなり多くなるので、自分のパソコンがあれば、いつでも作成ができるので持って来る方が便利だと思います。

持って来ない利点

持ち運びの不便さ、盗難、故障時のことを考えると持って来ない方がいいような気もします。 持って来るべきか?はどの程度パソコンの必要性を感じているかによります。

OSの問題

日本からパソコンを持ってきた場合は、日本語のOSが入っているでしょうから何も問題はないのですが、こちらでパソコン借りて利用する際には英語のOSが入っているものと考えてください。 語学学校では日本語にも対応しているパソコンを導入しているところもありますが、その他の施設では基本的には英語での対応が必要となります。 また、英語のOSでも日本語を読むことは出来ますので、メールを読んだり、日本語のネットを閲覧することは可能です。問題は日本語で入力できない点です。

電圧とプラグに注意

ニュージーランドの電圧は240ボルトです。電圧は十分確認してから使用してください。 プラグはハの字型あるいは3点式のものとなっています。

パソコン&周辺機器の購入

ニュージーランドでもパソコン並びに周辺機器が販売されています。 OSのみ日本で購入して本体はニュージーランドで購入も可能ですし、英語のOSで対応するならこちらで購入されるのも一案です。 周辺機器としてはプリンタ、スカイプ、ZOOMなどのコミュニケーション関連、ハードディスク、モニターいろいろとあります。

パソコンが故障したら?

パソコンを修理してくれるお店はたくさんあります。 しかし、その技術量については??です。 基本的には日本へ送り返して、メーカできちんと修理してもらうのがベストでしょう。



フェイスブックロゴ
ツィッターロゴ
インスタグラムロゴ
Youtubeロゴ
Education New Zealand認定留学エージェントロゴ

Liv-infoはニュージーランド教育省 Education New Zealand の認定留学エージェントです。