ニュージーランド留学&ワーキングホリデー無料エージェント

留学するならやっぱりニュージーランド

ニュージーランドの救急車

St Jones

ニュージーランドにはSt Johnsという緊急時対応組織があります。 このSt Johnsが救急車の運行も行っています。救急車はニュージーランド全土の85%をカバーしています。15%カバーされていないのもすごいですね。その他救命レッスンのコース、救命グッズの配布、イベント会場などでの救護など幅広く活動しています。

救急車を呼ぶには

緊急を要する場合は救急車を呼ぶのが良いです。救急車を呼ぶには「111」へ電話を掛けます。

ニュージーランドでは「111」は警察、消防、救急を兼ねていますので、電話を掛けた際には「救急・救命」であることを告げます。

救急車は有料

ニュージーランドでは救急車は有料です。

ニュージーランド在住者は一部負担金としてNZ$98です。学生ビザ、ワーホリビザで滞在されている方は全額負担が必要となります。最低N$800の料金が課せられます。驚きの価格です。海外旅行保険への加入は必須です。

ER(救急治療室)へ直行

救急車で担ぎこまれた場合はER(救急治療室)に運ばれます。 救急車で搬送される場合はGP(一般開業医)ではなく、総合病院または救急病院へ行くことになります。 総合病院にはヘリコプターの駐機場も完備されています。遠隔地や災害の場合など救急ヘリコプターで搬送されてくる患者もいます。