ニュージーランドの紫外線

ニュージーランドの紫外線は日本の7倍とも言われています。


留学の問い合わせ



Placeholder image

<ニュージーランドの紫外線はキツイ>

ニュージーランドは紫外線の降り注ぐ量が日本の約7倍と言われています。また、紫外線と言えば体に良くないということは良く知られていますよね。 日本と真逆の季節になるニュージーランドでは1月、2月が真夏の時期です。紫外線指数もMax(最高)となります。 ニュージーランドの天気予報ホームページに「MetService」というものがあります。 このホームページで紫外線指数という項目があり、どれくらいきつい紫外線が降り注いでいるのかを伝えてくれています。 しかし、夏の良い天気の日に紫外線が怖くて外にも出ないのは、ちょっともったいない話です。 実際にニュージーランドの人たちを見ていましても、真夏の日中から屋外で仕事をしている人もいますし、ビーチで日光浴をしている人たちもいます。しかし、みんなある程度の備えをした上で屋外にいると思います。

<紫外線を予防しよう>

紫外線がとても強いので、それなりの対策グッズも揃っています。きちんと対策をとって夏を過ごしましょう。

日焼け止めクリーム

紫外線対策でよく使われているのが日焼け止めクリームです。スーパーマーケットでもたくさん売られています。大きなボトルに入ったものから、持ち歩ける小さなものまで色々あります。値段も10ドル~20ドル程度です。 ニュージーランドの夏の時期に来られる方は、日本からボトルを持ってくるよりは、こちらで購入した方が良いかも知れません。特に長期間の滞在をお考えの際には飛行機の荷物の制限重量などを考えると、少しでも重たいものは避けたいですよね。

帽子・サングラス

ニュージーランドでは、日焼け止めクリームのほかにも帽子をかぶるとかサングラスを掛けるとか、肌や目を守る習慣があります。車の運転中など特にサングラスを掛けている人が多いように思います。 サングラスは高級なものよりは実用的な価格のものを掛けている人が多いですね。 「サングラスなくなった。」とか、「子供に壊された。」などは、ご近所さん同士の話によく出てくるストーリーです。

<日差しもキツイ>

太陽の光も、ものすごくまぶしく感じるときがあります。特に、夕陽に向かって車を走らせるときは前方確認するのに大変なこともあります。 車の教習本には「太陽がまぶしく感じたら路肩に車を寄せて、まぶしくなくなるまで待ちましょう。」という説明があるほどです。実行している人はいないと思いますけどね。みんなまぶしそうに徐行して走っています。

<夏は夏らしく過ごそう>

ただ、紫外線が怖いからといって長袖長ズボンで夏中を通すのは大変です。夏はやはり暑いです。 オークランドの日中は27度くらいまで気温が上昇するときもあります。日陰にいれば涼しくも感じますが、真昼に長袖、長ズボンで歩くとなると・・・。想像しただけで暑い!! 夏は夏らしく!!でいいと思います。きちんと肌や目のプロテクトをして、快適に夏を過ごしていただきたいと思います。

ニュージーランドの夏を快適に過ごすため、紫外線から肌を守るために、外出するときは必ず日焼け止めクリームを塗りましょう!! そして、必要ならサングラス、帽子で更なるプロテクトを心がけてください。



フェイスブックロゴ
ツィッターロゴ
インスタグラムロゴ
Youtubeロゴ
Education New Zealand認定留学エージェントロゴ