ニュージーランド留学&ワーキングホリデー無料エージェント

留学するならやっぱりニュージーランド

 アメリカズカップビレッジ

アメリカズカップビレッジのヨット

2003年9月19日(金)

ダウンタウンの近く、Freemans Bayに面したViaduct Basinにあるのがアメリカズカップ ビレッジ(America's Cap Village )です。
有名なヨットレース「アメリカズ・カップ」が行われ た場所です。
今年はその開催の年であり、アメリカズ・カップとその前哨戦ルイビトン・カップが行われまし た。
しかし、前回優勝したNZチームでしたが、残念ながら今回は優勝できませんでした。
優 勝したのは前回のニュージーランドチームから有力メンバーを獲得していたスイスチームで した。ニュージーランドの連勝にならず残念。
ビレッジにはヨットの係留場、水上タクシーの乗り場、おしゃれなレストランやカフェ、海洋博 物館(Maritime Museum)、モダンなアパートメント(マンション)や、商業ビルが立ち並んだ地 区があります。

シティの中心街(ダウンタウン方面)からのヴィレッジへの入り口付近には大きなヨットが展示してあり、この右手に海洋博物館があります。
このまま、まっすぐ進んでいくとヨットハーバーに出ます。そして左手にはおしゃれなカフェやレストランなどがあり、オフィス街で働くサラリーマンなどがティーブレイクやランチをしていたりします。 昼間からビールを飲んでるビジネスマンもいたりします。仕事中なのに・・・ いいんでしょう かね?そんなことで。

ヴィレッジへの入り口付近には海洋博物館(Maritime Museum)があります。開館時間はサマーシーズン午前9時~午後6時まで。ウインターシーズン午前9時~午後5時までとなっています。クリスマス以外毎日開いています。入場料は大人12ドル、子供6ドルです。今回はこれだけ調べてだけで、入 場はしませんでした。次回は12ドルの大枚はたいて入ってみることにします。

ハーバーの横にある広場に、なぜかクリスマスツリーのような大きな木が飾ってありました。左 手がViaduct Baisinでヨットが係留されています。右手にはカフェが並んでいて、ヨットを眺めながらのランチタイムが出来るようになってます。しかし、12月にこの木がクリスマスツリとなるんでしょうか。
12月に一つ確認作業が出来ましたね、これで。 答えは12月の「ちょっと気になる」でお伝えします。

ルイビトン・カップで使用されたヨットでなんしょうか?船体にLOUIS VOITTON CUPと書かれて いました。色々書いていますが、僕はヨットに関してはホント無知なもので・・・ ハーバーにはたくさんのヨットが係留されています。小型のものから超大型まで色々ありました。
近くにモダンなアパートメント(10階建てくらい)もあります。アメリカズ・カップ・ビレッジは観光地としてだけでなくシティの人にとっての住居、商業地区も併せ持った場所となっていて、現在も商業ゾーン などの拡張工事が進んでいます。マイクロソフト社の社屋もこの近くにあります。シティの中心 街とはまた一味違った感じのところです。 僕が思うにアメリカズカップ・ビレッジの楽しみ方は、ぶらっと出かけていってカフェにでも入っ てヨットを見ながらお茶することでしょうね。これから春になって暖かくなってくると、そういう人 たち増えてくるんじゃないでしょうか?
以上今回はシティのすぐ近くにあるアメリカズ・カップをご紹介しました。