ニュージーランド留学&ワーキングホリデー無料エージェント

留学するならやっぱりニュージーランド

クリスマスコンサート シティ編

2004年12月23日(木)

クリスマスまであと2日となりました。
今回は、オークランド・ドメインで行われましたクリスマスコンサートの模様をお伝えします。
この日は夏だと言うのにホント寒かったです・・・。
去年は行きそびれていたので今年こそは・・・・。と意気込んでいたのですが、この日の寒さに
パワーは半減してしまいました。

クリスマスコンサート 会場となるオークランド・ドメインはオークランドシティの中
の大きな公園の一つです。
広~い芝生のグランドにいっぱいの観客が詰め掛けてい
ました。
普段はラグビーやサッカー、クリケットをしている人がいる程度で広~く感じるグランドですが、
この日ばかりは「さて、どこに陣取ろうか?」とウロウロするほどたくさんの人でいっぱいでし
た。コンサートが始まる少し前に到着した僕達は、ステージからかなり離れたところでしたが、
場所は確保できました。
やはりステージの近くを陣取るには、かなり早い時間からの場所取りが必要だと言うことがわ
かりました。でも、人口100万人程度の都市ですので、「座るところがどこにもない!!」とうこ
とにはなりません。この辺は僕がこの国を気に入っている点のひとつです。

この日も車で会場近くまで行きましたが、会場のすぐ近くの駐車場でも「空車」のサインが出て
いて、すんなりと駐車することが出来ました。
先日のシティのサンタパレードでもそうですけど、”混雑はしているものの何とかなる。”というの
がここオークランドのイベントでの交通状況及び会場での様子です。

開演前から皆さんピクニック気分でワインやビールを片手に夕食を楽しんでいました。
僕達も、さっそくピクニックラグを広げて寒い夏空の下で夕食を楽しみました。

それから、このコンサートは翌日の夜にテレビでも放映されました。
さすがテレビで放映されるだけあって、コンサートの内容もなかなかのものでした。

コンサートステージ
夜のコンサート風景

最初はまだ明るいので(今は8時半頃日没です)みんなおとなしく聞いていたのですが、
夜も更けてくると周りは少しずつ騒がしくなり、ノリの良い曲が流れてくると踊り始める人もあ
り、一気にコンサートムードを盛り上げていました。
普段、子供達は夜8時頃には’Go to bed’ですが、この日ばかりは夜遅くまで親達と一緒に騒
いでいました。しかし、うちの息子は9時を過ぎると半分夢の中モードでした。

面白かったのは、ステージでクリスマスソングが次々と歌われていく中、「さて、次は4市長によ
るコーラスです。」と紹介され、オークランド地域の4つの市の市長達がタキシード姿でクリスマ
スソングを歌うという演出でした。みんな笑いながらも声援を送っていましたが、なかなかユー
モアな試みだなぁと思いました。
また、日頃テレビやラジオからよく聞こえてくる歌声も次々とステージから聞こえ、みんなノリノリ
で踊っていました。
コンサートは午後10時半まで続きました。
コンサートの最後にはサンタクロースが大きな船に乗
って登場し、子供達を喜ばせ、そしてクライマックスは
歌と花火の競演で盛大なフィナーレを迎えました。
花火
このコンサートは屋外それも公共の施設なので、入場料などは入りません。
誰でも気軽に参加できます。その代わり、会場ではドネーション(寄付)を呼びかけており、サン
タの帽子やライトスティックなどが寄付金を集める目的で販売されていました。
多くの人たちがサンタの帽子を購入し、またこのサンタの帽子にはライトが付いていて光るの
ですが、日が沈むと物凄い数の光が広い会場の中できらめいていました。

今年もあとわずか、いよいよ年の瀬となりましたが、
今回はシティでのクリスマスコンサートをお伝えしました。