ニュージーランド留学&ワーキングホリデー無料エージェント

留学するならやっぱりニュージーランド

コロマンデル小旅行

2004年9月30日(木)

今週のオークランド・トピックは先週末に出かけてきましたコロマンデル小旅行をご紹介しま す。 コロマンデルへは今年の1月、ニュージーランドの真夏に家族でキャンプへ出かけたことがあ るのですが、今回はLiv-infoのご近所さん主催での大勢での家族旅行となりました。 この旅行話が出た当初は「楽しそう!」の反面、やばそ~な感じもしたんですね。何がやばい のか? 当然ながらご近所さんは全てキィウィ(ニュージーランドの人たち)です。朝から晩まで英語とい う環境です。僕も「英語がペラペラです。」とは全く言えません。 また、「日常英会話程度ならなんとか出来ます。」とよく言いますが、この日常英会話ほど難し いものは無いとも思うのですけどね。 だって、話題が色んな方向に飛びまくるし、物凄いスピードでしゃべっているように感じますし、 加えて口語表現が出まくりますからね。 前置きが長くなりましたが、なんだかんだと言いながらも「せっかくの機会だし。」ということで 撃沈覚悟で参加することになりました。 今回は大人子供を合わせて総勢で20名以上という大人数で出かけました。 また、色々と子供たちも遊べるようにとカヌーをたくさん持って来たりしていました。 まだまだ春なので、海で泳ぐには早すぎるのですが、(中には泳いでる子供もいましたが。) カヌーで遊ぶ程度なら十分の暖かさです。

コロマンデルのビーチ

トレーラーにたくさんのカヌーを乗せて、オークランドから持って行きました。ビーチでは波もあり、うまく波に乗るとすごい勢いでカヌーを走らせることが出来るので結構面白かったです。全員ライフジャケットを装着して、マリンスポーツを楽しんでいました。

カヌーのあとは大人も子供もみんなでビーチサッカーをしたりして楽んでいましたが、裸足でサ ッカーボールを蹴るのだけは痛くて耐えられず、観戦する側にいました。 小さな頃からサッカーを習っている子供も多く、めちゃくちゃ上手です。大人もたじたじの時もあ ります。 あと、クリケットもしたのですが、打席に立ってボールを打った瞬間にバットを放して走っていく と「ちょっと、ちょっと。野球じゃないから。バット持って走らないと。」と言われる始末で。 それでも、なんとなくクリケットの基本的なルールのみは理解したような気がします。 子供たちも真剣モードで遊んでいましたね。 クリケットをするにせよ、サッカーをするにせよ芝生のグラウンドはコロマンデルに限らず オークランドでもあちこちにあります。サッカーならボール一つ。クリケットならバット、ボールな ど一式があれば気軽に遊べます。

ビーチではこんな光景もありました。トラクターは農作業用じゃなく、こんな風にボートの牽引用に使用されていました。沖合いから帰ってきたボートを引き上げるところです。

ビーチとボート

やはり、英語の環境の中では見事に撃沈でしたね。井戸端会議的にたわいもないことをどん どんしゃべり続けているという中では、こちらとしては内容を把握するだけでも必死の状態で、 なかなか会話に混じることまでは出来ませんでしたね。 それでも、根性決めて会話を楽しんでいるみんなの中には居続けましたけどね。 まぁ、更に度胸が据わったと言うことだけは言えますね。 僕もLiv-infoのサポートでやってくる学生さん達にもず~と言い続けていますが、まずは英語の 環境に身を置くことでしょうね。そして、「ふ~ん、英語って使ってみると何とかなるものなん だ。」ということを分かるのが大事だと思います。 あと、更に英語での会話を楽しみたいのなら、必死に勉強するしかないですね。 僕も英語での会話をもっともっと楽しめるように勉強します!! ここでは、勉強が出来る環境だけはたくさんありますからね。 終わってみるとコロマンデル小旅行と言うか”家族揃ってコロマンデル英会話合宿?”だったか もしれませんね。