ニュージーランドのボックスカーレース

面白おかしい車から真剣モードの車まで色々出ていて楽しいイベントでした。


ニュージーランド留学に興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

留学の問い合わせ



2005年2月24日(木)

今週のオークランド・トピックは、先日オークランド・ドメイン(オークランド・シティにある大きな公 園。オークランド・ドメインについてはこちらをご覧ください。)で行われました”手作りCarレース をご紹介します。

このCarレースは’動力なし’の手作りカー(Trolley)を公園内の下り坂で走らせ、競争するとい うものです。コースはなだらかな下り坂ですが、結構距離もあり、どんどんスピードもついていく という感じです。途中、コントロールをミスってガードレールにぶつかる車もあり、迫力のあるレ ースです。

ボックスカーレース

ボックスカーレース

たくさんの観客がレースを見物していますが、やはりここはニュージーランドと言うこともあり、 人口が少ない=イベントごとがあっても余裕で見物することが出来る。となります。

この日のレースは午前11時から午後3時半まで、と言うスケジュールだったのですが、 4時前になってもまだレースが続いていました。 本来なら4時から表彰式の予定だったのですが・・・。この辺もニュージーらしさが伺えますね。 スタート地点や中間地点には大きなスクリーンがあり、レース展開を見れるようになっていまし た。さすがにスタート地点はかなり多くの人が集まっていました。 上空にはヘリコプターが飛び、レースの様子を中継していたりと結構本格的です。 しかし、実際に走っている車はファニーな‘とぼけた車‘ばかりです。

レースの様子

ボックスカー

レースの始め方ですが、まずドライバーが乗り込み、 残りのクルーが車を思いっきり押してスピードをつ け、スタートさせます。ボブスレーとよく似たスタートの 仕方です。と思っているとほんとにボブスレー?が 登場してました。 また各チーム、スタートする前に司会者からチームを紹介され、それぞれ独自の音楽にあわ せてダンスをします。日本的に言えば”気合を入れる”というか、レース前の準備?余興? が行われます。これが結構面白かったです。 ガイコツのマスクをかぶっておもっいきり踊ってた 人が、マスクをはずすとと結構年配のおじさんだ ったり・・・。みんな陽気ですね。お天気も陽気でし たが、みんなこの日を待ちわびていたかのように レースを楽しんでいました。

スタートエリア

スタートライン

ピットの様子

ビット

レースに出場する車(Trolley)を間近かで見ると、手作りながらきちんと作られているように思いました。レース前には車検?もあるようです。

今年は80チームが参加してのレースでした。すべてを見ることは出来なかったのですが、果て さてどのチームが優勝したのやら・・・。今回はファニーな自動車レースをご紹介しました。



フェイスブックロゴ
ツィッターロゴ
インスタグラムロゴ
Youtubeロゴ
Education New Zealand認定留学エージェントロゴ

Liv-infoはニュージーランド教育省 Education New Zealand の認定留学エージェントです。