ニュージーランド留学&ワーキングホリデー無料エージェント

留学するならやっぱりニュージーランド

ちょっと気になるマウントイーデン

2003年8月23日(土) 

今日はシティの南にあるマウント・イーデン(Manugawhau Domain)をご紹介します。
といってもニュージーランド、オークランドに興味のある人なら、この名前は聞いたことがある
のではないでしょうか?オークランドでも有名な観光スポットのひとつです。
シティからは結構距離もありますが、歩いて行こうと思えばなんとかなる距離だと思います。
でも、シティからマウントイーデン方面のバスも出ていますし、それに乗ってふもとまで来るのが
楽でいいかと思います。しかし、バスを降りた後に「山登り」がありますのでそのことを忘れない
ようにしておいてください。一番楽な行き方はやっぱり車でしょうね。頂上には駐車場も完備さ
れています。

マウントイーデン

今回もマイカー出動でらくらく頂上までたどり着きました。いい天気の日曜日だったので駐車場
は結構いっぱいでした。
山道を登っている途中にもリュックを背負って登っている人を何人か見かけました。いわゆる
バッパー(Backpacker)の人たちで、山登りのためにリュックを背負っているのではなく、旅行グ
ッズを満載したリュックを背負って登っていました。
この山は上の写真を見ると大体想像していただけると思うのですが、「火山」です。そして写真
はその「噴火口」を写したものです。火山といっても死火山ですので危険性はありません。火口
の周りから頂上付近のいたるところが芝生で覆われていて、あたり一面が芝生だらけのような
感じでとても綺麗です。ちなみにこの”噴火口”の一番下まで降りていくことが出来ます。上の写
真でも細い道が火口の下まで続いているのが見えるかと思います。好奇心旺盛で、僕も下ま
で降りてみました。下まで行ったからどうなの?何かあるの?と言うわけじゃないです。ただ石
ころがゴロゴロところがっているだけです。誰かがその石ころを並べて模様やら、名前やらを
描いたものもありました。僕が下に下りていったときも誰かがなにやら一生懸命作っていまし
た。
ころがっている石を取り上げてよくみると「やっぱりここは火山なんだ!」と思いましたね。石こ
ろに無数の穴が開いていて軽石のような感じでした。でも持ち上げてみると結構重たかったで
す。

 火口の石       火口からの眺め      

それとビックリしたことというか、僕がゴロゴロと石の転がっている火口から登り始めて元のとこ
ろに戻ろうとしていると、頂上にいた親子(母親と息子)が大きな声でなにやら叫びながら大き
な石を火口めがけて放り投げているんです。もちろん下には誰もいないことを確認してですけ
どね。でも、よくまぁ、親子でそんなことするなぁ。と思いました。僕の横(結構距離はありまし
た)を大きな石がものすごい勢いで転がっていって、火口にある石ころとぶつかってものすごい
音「ゴツゥ!」って鳴ってました。それを見てその親子がキャーキャーと喜んでいました。う~ん
すごい!することがダイナミックですよね。

火口まで降りるのは楽チンですけど、登りは結構大変でした。火口付近から上の方にいる人を
眺めたらものすごく小さく見えました。右上の写真でも頂上付近で小さく写っているのが人間で
す。元のところに戻れたときにはホッとしました。

このマウント・イーデンは夜景の綺麗なスポットでもあります。頂上付近からはシティの町並み
を程よい距離で眺めることが出来ます。眺めのいいところでは、カップルも多くいました。それ
で、みんなあんまり動こうとしませんね。車の中から眺めている人も何人かいましたけど、みん
な芝生やベンチに腰掛けて、遠くの景色を眺めながらのんびりとしていました。
なんか僕だけがちょろちょろと動き回っては写真を撮ったりと、変な感じでしたね。
やっぱりこういうところは、のんびりする為に行くところなんでしょうね。

 頂上       頂上からの眺め      

左上の写真は頂上にあった塔です。なんとなく気になったので撮りました。右の写真が頂上付
近から少し降りたところですが、この位置からだとシティがよく見えました。シティの夜景を見る
には最高のスポットじゃないかなぁと思います。

以上昼下がりのマウント・イーデンでした。
次回は夜のマウント・イーデンをご紹介したいと思います。