ニュージーランド留学&ワーキングホリデー無料エージェント

留学するならやっぱりニュージーランド

サマータイム制度

2004年3月15日(月)

今回はサマータイムについての情報です。オークランドトピックと言うより、ニュージーランド情
報といった方が的確かもしれませんね。
しかし、今までのオークランドトピックの情報は「~ということでした。」「~な感じでした。」
と僕の体験に基づく”過去形の情報”がそのほとんどだったのですが、今回は未来形でお伝え
したいと思います。

オークランドの日暮れ

オークランドの朝日。
時刻は午前7時45分ごろです。

現在、ニュージーランドではサマータイム制が導入されているので、日本との時差は4時間あり
ます。これが、3月21日(日)午前3:00にサマータイム制が終了することにより時差が3時間に
なります。日本との時差が変わるということは、イコールこちらの生活時間も変わります。
21日(日)の夜中に1時間、”時計が逆戻りする”ということになります。

日曜日の朝はまだしも、翌月曜日まで一時間の逆戻りに気づかないと、いつもどおりに学校や
オフィスに行くと、「誰もいない!」「入り口が閉まっている!」「一体どうして?」ってなことになる
かも?です。

次のサマータイムの導入は2004年10月3日(日)午前2:00からです。
このときは1時間進みますので、朝寝坊しないように要注意です!!
昨日の9時は今日の10時です。うっかりすると、授業や、仕事がすでに始まってる。どうしよ
う・・・となります。

サマータイム制になじみの無い日本人にはなんとなく、ややこしい制度ですが、ここニュージー
ランドの人たちは普通に”1時間の移動”を受け入れています。
夕焼け空

オークランドの夕焼けです。今日はとても綺麗でした。
時刻は午後7時30分ごろです。

ちなみに真夏では日没は9時前頃です。しかし、3月に入り少しずつ日の入りが早くなっている
のを実感します。今日現在では、8時前にまで早まってきています。

これが冬になると夕方5時ごろにはあたりは真っ暗です。

少しずつ秋が深まっていくオークランドです。