ニュージーランド留学&ワーキングホリデー無料エージェント

留学するならやっぱりニュージーランド

 ニュージーランドの最近の為替相場と景気について

2006年3月12日(日)

郊外からオークランドシティ中心部の眺め ニュージーランドの硬貨

今週のオークランド・トピックは少々まじめに経済情報をお届けします。
僕もかつては金融マンでしたので、為替や経済についてはなにかと気になるところなのです。 さらに、留学サポートをしていて、日本から学生の方々が多くやってこられていますが、最近みなさん口々に「NZドルが高い。」「ワーホリや留学の費用が思ったより掛かった!!」とこぼされ るのを良く聞きます。 3年前は1NZドル=約60円でしたが、最近では1NZドル=85~90円近くしていました。 これはニュージーランド・ドルだけではないのですけどね。オーストラリア・ドルはもっと高いです し、米ドルはもっとです。 しかし、以前のような割安感がニュージーランド・ドルから失われてしまったのです。

以前の話を聞きながらでは、「今は、やはり高いよなぁ~。」と思ってしまうのも無理はないです ね。 ニュージーランド経済としては、ドルが高い=景気がいい。ということが言え、一部の人(うちの ような留学関係の仕事をしているところなど。)を除き、結構ハッピーな状況なのです。 まぁ言えば、かつてバブルで沸き立っていた日本にも似ているかなぁ?というような状況です。

しかし、いつまでもこのような状況は続かないと思います。現に「いい兆候!!」が現れてきて います。これは、あくまでも留学関係などにはいい兆候なのですけどね。 3月に入りニュージーランド・ドルが各国主要通貨に対して下げの局面を迎えています。 3月上旬で1NZドル=約75円となっています。 数ヶ月前と比較すると円に対してだけでも10円ほど下げてきています。 理由はニュージーランド経済の先行きに少しの陰りが出始めていることとが挙げられます。 ニュージーランドはなんと言っても人口約400万人の小さな国です。経済活動も同じくこじんま りとしています。不動産市場においても今は、バブル?と思えるほど、不動産価格は高いです が、これも少し今年に入り陰りが出始めているようです。 為替の動向を見ていますと、少しずつ景気の減速課程に入り始めたような感じです。 これから、ニュージーランドへの旅行、留学、ワーホリを考えて いる方にとっては好都合ですね。 コストを抑えることが出来ますので。 反対に日本への旅行、留学、ワーホリ、輸出を考えているニュージーの方にとっては 痛い話です。

まぁ為替、景気と言うのもは、ある程度の予測は出来ますが、細かな部分までは予測不能で す。 ですので、今後どのように進んでいくのかは未知数の部分も多いですけど、流れ的にはこれからさらに一段とニュージーランド・ドルに対して円高傾向になるのではないでしょうか? 希望とすれば、1ドル=60円くらいまでにはなってほしいものですね。

以上、今回は留学、ワーホリ、観光などでニュージーランドにやってくる方にはいい話。
ニュー ジーランド経済についての雑感をお伝えしました。