ニュージーランド留学&ワーキングホリデー無料エージェント

留学するならやっぱりニュージーランド

 ニュージーランド・こどもの日

2007年5月5日(土)

タッチラグビーを楽しむ子供たち

今週のオークランド・トピックは子供についてです。
日本では今日は「こどもの日」ですね。 こいのぼり、兜を飾ってお祝いの日ですね。 今までに、この時期に日本に滞在することはなかったので懐かしいですね。 ニュージーでは子供はのびのびとしている気がします。日本の子供たちものびのびとしているでしょうけど、ニュージーランドでは子供たちを受け入れる環境がとても整っていると感じます。 上の写真はラグビーに興じる子供たちです。グラウンドは天然の芝生です。 何度転んでも、大きな怪我はしないです。 もちろん高学年ともなるとタックルも激しくなり、多少の怪我もしますが・・・。

このようにのびのびとプレーできる天然芝という環境にはとても感謝します。 子供を守る安全面でも親たちを中心に環境が整っています。 例えば自転車に乗るときは必ずと言って良いほど、ヘルメットをかぶります。 親ももちろんです。ちなみに公道をヘルメットなしで自転車に乗ると違法です!! 法律で決まっていることは、結構みんな守っています。 「すごい!」と感心しながらも、自転車に乗るときにはヘルメットをかぶるようにしています。

子供にとって楽しみの一つはおもちゃでしょうね。 男の子も女の子も、自分の好きなおもちゃをゲットするときはとても楽しいものです。 ニュージーランドで気になることは、品数が少ない・・・。ということですね。 やはり人口400万人しかいない国ですからね。そんなに大量に仕入れてみても、売れ残ることもあるでしょうし、いわゆる売れ筋商品を中心に仕入れている感じがします。それも少なめに・・・。 クリスマスの時期になるとみんなプレゼントを一杯買うようになります。そうなると良いおもちゃ、お目当てのおもちゃはあっという間に品切れということもよくあります。 早い人は11月ころからクリスマスプレゼントを買い始めています。1ヶ月間もプレゼントをそっと隠しておいて、クリスマスの日に出してくるのですから、ものすごい下準備ですよね。

以前もご紹介しましたが、インラインスケートやスケートボードのための専用の公園というのがあります。そして無料でそれらの公園を利用できます。 日本では駅前の広場で一生懸命練習している若者を見かけますが、その横には”スケートボード禁止”という看板があったりしますよね。 日本ももう少し公園の形を考えれば良いように思いますけどね。小さな子供向けの公園は一杯あるのに、もっと大きな子供がスポーツを自由に出来る公園を造るのも良いのになぁ・・・。と遠くから思っております。それもタダで。

今日はこどもの日で男の子だけにかかわらず、プレゼントをもらった人も多いでしょう。 日本のおもちゃ屋さんの品数の多さには、うらやましさを感じますね。 一杯ありすぎて困る。ということも言えますが、ものが多い、何でも揃う。これは日本のすごいところです。 ものが一杯、何でも揃って、環境にも恵まれていて、のびのびと遊べる・・・。 そんな国があれば良いですね。 今回はこどもの日にちなんでニュージーにて感じる子供感についてでした。