ニュージーランド留学&ワーキングホリデー無料エージェント

留学するならやっぱりニュージーランド

 ニュージーランドのショッピングセンター

2008年4月4日(金)

ショッピングセンター

今週のオークランド・トピックはニュージーランドのショッピングセンターをご紹介します。
上の写真はそのショッピングセンター内でのワンショットです。

専門店街と大きなスーパーマーケットとデパート、ホームセンターのような量販店などが集まって構成されています。
オークランドでは敷地面積はかなり広いものが多いですが、階数は1階建てまたは2階建てのものがほとんどです。
ということは。。。大きいように見えてもお店の数や規模から考えると日本のショッピングセンターより小さめになります。

まぁ、人口比率から考えてもこの規模の小ささには納得は出来ますが、如何しても日本と比べると何もかもが規模が小さいよなぁ・・・。思ってしまいますね。品数にしても売れ筋商品を中心に揃えられていますが、人気の高いものは品切れのことも多いですし、全体的に見ても品数がものすごく豊富とは言えませんね。

ただ、このような状況でもニュージーランドで暮らす中では「事足りる。」という状況ではあります。

お店の営業時間もニュージーらしく、専門店では午後5時~6時頃には閉店してしまいます。
量販店、スーパーのみ夜遅くまで開いています。

午後5時頃にシャッターの閉まる音やレジを閉める作業を見ると、なんてのんびりな国なんだろう。
と改めて思いますよ。

買い物客もお店の状況を理解していますので、日中に買い物を済ませるような生活スタイルになっています。
それでも、平日の夕方に仕事を終えてそのままショッピングセンターでの買い物に”滑り込みセーフ。”という光景もたまには見かけます。

日本のショッピングセンターが午後5時や6時で店じまいをしたらどうでしょうね??
お客は怒ってしまうでしょうし、商売にならないでしょうね。

ショッピングセンターで売られているものは、日本とほぼ同じような感じです。
ですので、ショッピングセンターへ行けば、かなりの範囲のものは手に入ります。
お気に入りの色やサイズがあるか・・・??その部分が悩みどころですけどね。

ニュージーランドへお越しの際は各地にあるショッピングセンターを探訪してみてください。
地方へ行けばもっともっと小さい規模のものになりますけどね。


今週のオークランド・トピックはニュージーランド、特にオークランドのショッピングセンターの様子をお伝えさせていただきました。