ワーキングホリデー体験談No10



Profile

名前   E I

年齢   26歳

出身地 青森県

(写真一番左側) ワーキングホリデー体験談 職場の仲間との1ショット。

ニュージーランドでのワーキングホリデーを終え日本へ帰国したばかりのところ、たくさんの貴重な体験談を寄せていただきました。学校・仕事・旅行など、これからニュージーランドへやって来る方にとっての大事な情報が一杯ですよ!! 

質問1 「ワーホリでニュージーランドへ行こう!」と思った動機は何ですか?

働きながら少しですが英語を勉強していました。 海外に住んでみたい、英語を使ってみたい!という思いが強くなり、思い切ってワーホリをすることに。場所は自然のたくさん残っている、気候の穏やかな所、が第一条件でした。オーストラリアも魅力的でしたが、ニュージーランドのほうが「物価が安い、治安がよい」というイメージが強かったので、まずはオークランドに行くことにしました。

質問2 ワーホリ中はフルーツパッキングなど色々とお仕事をされていましたよね。今回は特にそのフルーツパッキングに関していくつかお伺いしますので、感想などお伝えいただけますでしょうか?

・どのように仕事を探しましたか?

初めはインターネットの掲示板で探していました。 しかし、なかなか相手の方と連絡が取れず、時間だけが過ぎてしまい、金銭的にもかなりやばい状態に・・・。そんな時、友達が働いているパックハウスで人手が足りないということを聞き、すぐに行きました。 

・仕事内容はどういうものでしたか?

主にりんごの選別と箱詰めです。

・重労働でしたか? 

それとも案外楽でしたか? 初めの1週間はとても辛かったです。10時間立ちっぱなしで働いていましたから。 1ヶ月もすると仕事にも慣れ、ボスの訛った(!?)英語も聞き取れるようになり精神的にも肉体的にも楽になりました。 

・経験してみての感想はいかがですか?

とてもいい経験になったと思います。 パックハウスではマオリ系の現地の人や中国、韓国の人たちとも仲良くなれました。 りんごがなくなるシーズンエンドまで働きましたが、最後はみんなと別れるのが辛く、もっと働きたいとさえ思いました。

質問3 ニュージーランドの各地を旅行されましたよね。ニュージーランドを旅して周る際の”心得や方法”など次の方へのメッセージも込めてお伝えいただけますでしょうか?

・予約、プランはどうやって決めましたか?

語学学校に入学する際にKiwi Experienceのバス券とセットになったプランを選びました。 バス券の予約は学校で手続きしてもらいましたが、それ以外は自分でしました。 

・旅行中、気をつけるべき点などありましたか?

知らない人と旅をするので貴重品の管理には特に気を使いました。 バスで移動中、運転手がいろいろ説明するのですが、集合時間、待ち合わせ場所など大事なことを聞き取れないときは何度も聞き返すようにしていました。 あと、アクティビティー代は結構高いので慎重に選びました。 

持ち物は?

丈夫なバックパックと寝袋は必需品だと思います。 乾きやすい服、コンパクトな羽織物、虫除け、ガイドブックは重宝しました。 旅行中の滞在先は? バスの中でその日の宿の予約シートが回ってくるので、そこで泊まりたい宿を指定します。宿への直接の予約は運転手がしてくれます。

旅行会社の選び方は?

他の旅行会社を使った友達と話してみたところ、旅行会社によってお客の年齢層、出身地などが違うようです。ヨーロピアンの若者が多い、落ち着いた感じの人が多い、いろんな国から集まっている、など。

移動手段は?

バスでの旅行は見所を押さえていて、英語が上達する、友達ができる、一人旅も安心、というところでしょうか。 車で旅をした人は、バスでは寄らないような所にも行け、仲間たちと自由に時間を使えて楽しかったと言っていました。

質問4

ニュージーランドを体験して、ニュージーランドってどんなところだと思いますか?

とても広い、自然・公園がたくさんある、アクティビティーが豊富。 のんびりしているので、ゆっくりいろいろな事を考えたり、公園で散歩したり、バーベキューをしたりしました。ただ、のんびりし過ぎたせいか太ってしまいました…。

質問5 フラット生活を体験されましたよね。そこで、フラットの選び方、暮らしてみての感想など印象に残った点をお伝えください。良いところも、悪いところも含めて、ありのまま感じるままをお伝えいただければと思います。

・どのようにしてフラット先を見つけましたか?

情報センターの掲示板で探しました。 

・暮らしてみての感想はいかがでしたか?

私はkiwiの女性と中国人の大学生と3人で住みました。 引越し前に実際家を見学したんですが、住んでみてから知ることも多く、少しカルチャーショックを受けました。(共用の物の使い方など)。 結局、キッチンが不衛生だったのは私には我慢できず2週間で引っ越しました。

質問6

語学学校での勉強に関してです。 学校での思い出話や、授業へ向けての態度、語学学校で期待したもの。そして得たもの。語学学校に関して感じたことをお伝えいただければと思います。

・語学学校へ期待したものは?

英会話の上達、ホームステイです。 

・語学学校で得たものは?

たくさんの友達とオークランドの生活情報です。

・授業へ向けての態度など、語学学校に対してどういう思いで通われていましたか?

最初はもっと英語を上達させたい!と思っていましたが、学校が校舎内での”母国語使用禁止”でなかったため、それに甘えてしまい授業以外は日本語で友達とおしゃべりをしていました。授業も思ったより楽で課題もなく、後半は英語に対する熱意もそれほどないまま通っていたような気がします。

・学校での思い出話などは?

アクティビティーで他のクラスの人やたくさんの人と仲良くなりました。 先生たちとも仲良くなって、休日遊びに行ったり、週末バーに行ったりしていました。 学校でできた友達は今でも仲良しです。

/通学された学校/

Dynaspeak English

学校の詳細情報はこちら

質問7

ニュージーランドでの生活について。英語について。 ニュージーランド生活を通して、感じたことなどをお伝えください。

・生活面で困ったことはありましたか?

困ったことは特にありませんが、日本食とお風呂が恋しかったです。

・英語との距離はどう感じましたか? すごく近くにあると思いましたか?それとも、「日本語も結構使えるなぁ。」と感じましたか?

オークランドでは日本人も多いし、英語が出来なくてもなんとか暮らしていけるんじゃないかな・・・?と思いました。しかし、田舎に行った時や電話では私の英語がほとんど通じなくてとても苦労しました。

・英語の必要性を感じたときは、どういうときでしたか?

仕事で、私の説明がうまく伝わらずにお客様に迷惑をかけてしまった時。 旅中、休憩所に一人置いていかれた時の電話での説明、やりとり。 TAX リターンについての問い合わせの電話・・・。などです。 

質問8

今回のワーホリを通じて、得たもの。ワーホリをして良かったなぁ。と思えることは 何でしょうか?また、次にやって来る方へメッセージなどをお願いしたいです。

・得たもの、良かったこと。 一人で行動することに自信がつきました。 たくさんの仲間と一生に残る思い出ができました。 今後の目標がみつかりました。

・次にやって来る方へのメッセージなど。 英語はできるだけ勉強してきたほうがいいです。ある程度のプランを立てて、やりたいことはすべてやった方がいいと思います。 情報はいろんなところからたくさん得る方がいいです。 大変なこともあるかと思いますが、私でも1年近くやってこれました。頑張ってください!



フェイスブックロゴ
ツィッターロゴ
インスタグラムロゴ
Youtubeロゴ
Education New Zealand認定留学エージェントロゴ

Liv-infoはニュージーランド教育省 Education New Zealand の認定留学エージェントです。