ニュージーランド・ワーキングホリデー体験談



Profile

名前    西郷佳織 さん

年齢    27 歳

学校    Unique NZ

ブラウンズベイのサンタパレード 

真夏のクリスマスパレードにて。 (ブラウンズベイのクリスマスパレード)

どうしてNZにワーホリしたのか?ワーホリの費用、語学学校についてなど。

ワーホリの動機

人生で一度は海外生活を体験してみたいと思っていたので。

どうしてNZにしたのか? 

治安が良いと聞いていましたし、物価も安い方だと聞いていたので。 あとは他の国に比べてビザが取りやすかったから。 実際のNZ・・ 治安は比較的良かったと思います! しかし、早朝や深夜は出歩かない方がいいと思います(これはどの国も一緒だと思いますが・・) 結局は自分の身は自分で守る事が大事かなと思います。 物価は、思っていたよりも高くてびっくりしました。 安いと思い込んでNZに入ったので、そのギャップにショックを受けました・・

ワーホリの滞在予定期間&予算

滞在予定は半年でしたが、結局8ヶ月行ってました。 半年の予定でNZに持って行ったのは100万円(NZ$1=85円程度。学校代3ヶ月分、ホームステイ代3ヶ月分を含む) 感想としては、もう少しお金を持っていっても良かったかなぁ・・と思いました。 やはり、お金はあればあるだけ良いと思います(笑) そしてこの中に航空券や保険、ビザ取得代等は含んでいないので総予算はもう少ししました。 あと、私はトラベラーズチェックにして持って行きました。

ビザの取得

ビザは基本的にはLiv-infoさんのHPを見ながら、そして分からないところは額田さんにサポート して頂きながら自分で取りました。 英語が分からないときは、翻訳サイトを使いました。

語学学校について

NZに着いてから、3校見学に行きました。 (日本にいる時に見学したい所だけはある程度決めていました) その中からUnique New Zealandを選びました。 場所=ノースショア(オークランド中心部より北の街) 立地=学校の裏手がすぐ海で、近くにCAFEやスーパー、銀行etc 何でも揃っていました。 オークランドcityまでバスで1時間くらいです。海がキレイで、のどかで最高でした! ユニークにした決め手は、卒業後もPCを使えるということと、街がすごく穏やかで良かったので。

ホームステイについて

私はLiv-infoさんに紹介して頂き、陽気で明るいお母さんとかわいい3人の子供(娘)と一緒に3ヶ月暮らしました。外国人と暮らすのは「もうないかも!」と、思っていたので、家族主催のパーティーや親戚のパーティー等、積極的に参加しました。異文化を知るには絶好の環境だったと思います。 食生活でいえばお米も普通に出ましたが、ジャガイモ料理が非常に多いとは感じました・・ (違うホームステイ先の友達も同じ事を言ってました) あと、NZの家の水は飲めるので、そこは大きいなと思いました。 毎回毎回ミネラルウォーターを買っているとすごい出費になるので・・

仕事について

①ジャパニーズレストラン 

友達に紹介してもらい入りました。 客層は95%ニュージーランド人で、英語を聞き取るのには苦労しましたが、どのお客さんも本当に優しくて精神的に助けられた感じです。 ジャパニーズレストランと聞くと、「まったく英語環境ではないんじゃないか?」と思われがちですが、現地の人がたくさん来るお店だと嫌でも英語なので、私は勉強になりました。

②ホテルのハウスキーピング

これも友達に紹介してもらいました。 オーナーがマレーシアの人で、スタッフは中国・インドネシア・韓国・日本という環境の中で働きました。 ハウスキーピングはすごく体力がいる仕事だと思いました! 朝9時から夕方5時までの勤務でしたが時間が経つのがものすごく早かったです! 週5で、朝から夕方まで働かせてもらえたので、少しお金は貯める事ができました。 上記は紹介で入りましたが、自分のCV(履歴書)を持って、飛び込みでモーテルに仕事がないかを聞いてまわったりしました。私はこの方法で2つのモーテルから仕事を得ました。 意外と人の空きがあったりするので、募集広告等(どんな職種にかかわらず)がなくても一度試しに聞いてみるのも良いと思います。

旅行について

私はウェリントン・クライストチャーチ・ダニーデンの3都市しかまわる予定がなかったので移動は飛行機にしました。格安航空券で知られるhouse of travel と言う会社でネット予約をしました。 シーズンOFFというのもあってか、国内線は安かったです。 南を一周してる友達はレンタカーを借りたり、マジックバス等でまわっていました。 宿は、全て出発前にネットや電話で予約しました。オークランドにあるスカイタワーの中のi site(観光案内所)でバッパー情報を調べました。あとは先に旅行に行った友達に情報をもらったりしていました。 ずっとオークランドのある北島にいたので、南島に旅行に行ってみて雰囲気の違いを感じました!共通して言えるのはどちらも自然が最高だということです! 次、NZに行く時は今回行けなかったミルフォードサウンドやテカポ湖を見に行きたいです。

ワーキングホリデーを振り返って

最初行く時は初めての海外生活という事もありやはり不安でしたが、実際に生活していくとその不安は解消されて行きました! そして学校に行ったり仕事をしたおかげで韓国人や中国人、タイ人の友達もできました。社会人になると、新しい友達というのはなかなか出来にくくなるのですが、NZに来た事によって国籍問わずたくさんの友達ができたのは財産だと思います! 仕事を辞めて、海外で生活するというのはそれなりの勇気がいる事でしたが、日本を出てみて本当に良かったと思うし、これから先の人生にもきっと有益になってくると思います!



フェイスブックロゴ
ツィッターロゴ
インスタグラムロゴ
Youtubeロゴ
Education New Zealand認定留学エージェントロゴ

Liv-infoはニュージーランド教育省 Education New Zealand の認定留学エージェントです。