ニュージーランド留学&ワーキングホリデー無料エージェント

留学するならやっぱりニュージーランド

ワーキングホリデー体験談パート13

 Profile

名前    緒方 絵美 さん

年齢    24 歳

学校   ・Bridge International

     ・Languages International

写真右から2人目。

ホームステイファミリー

語学学校、仕事、旅行についてなど。

ワーホリの動機

高校の時から留学に憧れており、英語が話せるようになりたいという思いが強かった。

大学三年時、進路について真剣に悩み出した頃、特別やりたい仕事などなく、留学と就活を天秤にかけた際、やはり留学への思いを捨て切れなかった為

どうしてNZにしたのか?

物価が安かったので。後、日本人率が割と少ないと聞いていたため実際のNZ・・ 物価全然安くないです!!笑 日本と同じ位…または商品によっては日本より高いくらいで本当に驚きました。後は、治安は日本より良いと思います(場所によりますが)後、一歩町を出ると自然沢山!!!NZ人はリラックスするのが好きだという印象を受け、そこが一番好きでした^-^

ワーホリの滞在予定期間&予算

当初は約5ヶ月で帰国するつもりが、色々あり、結局丸々一年いました。滞在をのばした一番の理由はやはり英語です。

半年で帰っても、英語力も中途半端な状態で、英語を目的に来た私は、何のために来たか全く分からない…と。そう思い延長いたしました。

ちなみに日本からのNZの生活費用は5か月分しか持ってきていなかったため、そこから必死にアルバイトしたのは言うまでもありません 笑

私の場合は、航空券、保険、語学学校(プラス1ヶ月のホームステイ)、5ヶ月の生活費でだいたい100万円位(NZ$1=80円)かかりました。でも、費用は人によって本当に違うと思うので…参考程度に☆

ワーキングホリデービザの取得

額田さんのHPを見ながら申請しました。途中、ログインIDを忘れてしまい焦ったのでパスワードなどは必ず保管してくださいね 笑

語学学校について

私は日本で3ヶ月、学校見学前に決めて行きました。本当に悩みました!!!やはり英語の勉強が目的の私にとって語学学校というのは大変大きい意味を持っていて…額田さんに、嫌になられるのではないかなっていうくらい相談しました。(でも、額田さんは優しい方なので嫌事ひとつ言わず、最後まで付き合ってくれました☆その節はありがとうあございました)そこで決めた学校はブリッジインターナショナルカレッジです。

オークランドの中心地にあり、大変便利な立地です。決めた理由は日本人率の少なさ、少人数制などなど…結果として、本当に行って良かったです!!!

皆本当にフレンドリーで未だに校長先生とメールのやりとりをしています 笑 

授業の質も大変よく、自信をもって薦めたい学校です!!私にとってBESTな学校です。

ホームステイについて

私は学校を通して額田さんに紹介していただき、子供はもう成人し、夫婦だけで住んでいる家庭に一ヶ月滞在しました。私以外にも、二人留学生を受け入れていて、計5人で約一ヶ月暮らしました。まだ英語も分からない状態の私に優しく接してくれて大変感謝していますが、もう少し私自身積極的に話しかければ良かったなっと少し後悔しています。ホームステイは自分から積極的に交流しようとしたら生の英語に触れられて、英語力を伸ばすには大変いいチャンスだと思いますが、正直なところあくまで自分次第かも!?!?

仕事について

① ジャパニーズレストラン

客層はニュージーランド人だと聞き、スタッフは日本人でも英語の勉強になると思い行きましたが、実際はお客さんとの交流もなく、環境が日本そのものなので残念ながらすぐに辞めてしまいました。

② バックパッカーでのクリーナー

バッパーでの仕事のため、多国籍な人と知り合えるチャンスだと思ったのですが、私が勤務したところは時間に追われ、人と話す余裕はなく只ひたすら仕事をこなす感じでした^^;

(しかしこれはバッパーによりけりみたいです)

③④ジャパニーズレストラン

やはり一番雇用してもらえる確立が高いので、しかし日本人ばかりの所では私個人的には働きたくなかったので、韓国人オーナーのジャパレスで二件ほど働きました。客層はもちろんNZ人。更にオーナーと話すときは英語なので勉強にもなり、大変満足できました。

仕事の探し方としては、一番確立が高いのが日本人向けのインターネットサイトまたは掲示板など。または飛び込みでCVを持って行くのもいいみたいです(しかし、その際は給与面などきちんと聞いてから勤務した方がいいと思います)

TESOL(英語教師資格)について

私は帰国前、お金をためて今度はTESOLという資格をとる為、学校にもう一度通いました。

TESOLとは第一言語を英語としない人に英語を教えることが出来る資格です。

私が選んだ学校はLanguages International(ランゲージズ・インターナショナル)といい、一ヶ月(4週間)でその資格がとれるというコースでした。

元々、興味があったため授業も面白かったのですが、毎日課題は出て、更に毎週、皆の前でプレゼンテーションとして模擬授業を行わないといけなく、レポートもあります。

これだけ聞いたら大変きついという印象を受けるかもしれませんが、周りもやる気がある人ばかりの上、やり遂げた時の達成感はなんとも言えません。また、韓国人の方が多いため、大変英語環境です。英語のスキルアップを目指している方には本当にお勧めします。

旅行について

旅行は学校に通ったため、予算の関係で出来なかったのですが、周りからは南島は必ず行くべきと言われました。大変キレイだそうです。NZは南と北で全く違うカオをもっているようなので・・・是非、機会があれば、南島にも行ってみたいなっと思っております。

ワーホリを終えて感じること

ワーキングホリデーを振り返って大げさかもしれませんが、人生が変わったと思っております。高校時代から英語が何より好きで留学は私の夢でしたが、大学時代、周りの友人が就職という道を選択していく中、私には自分にとってプラスとなるかも分からない留学の道を選ぶ勇気もありませんでした。先の見えない将来を不安に思うことも多々ありましたが、やはり留学の思いを断ち切れず、突き進んで本当に良かったと思います。

事実、一年間の留学生活を終え今いえる事は、この一年で私自身大きく成長できたと自信を持って言えます。留学前は私なんか何をやってもダメだ が口癖でやる前にあきらめてばかりでしたが、今諦めない限り可能性は無限大だと信じていますし、目標をたて、それを達成した時初めて大きな自信が得られるのだと実感しました。

今後も更なる成長の為、目標設定し、それに向かってひたすら努力していきたいです。

自分の選んだ道が正しいかどうかは後で決めることで,大切なのは今一番何をすべきかを考え、それに向かって突き 進む事こそ重要であると私は信じています。ですので、是非皆さんにもワーホリで多くの人と出会い、素敵な経験を沢山してほしいです^-^

LIV-INFOについて 

本当にお世話になりました!正直、最初無料と言うことで色々疑ってかかりましたが、本当にいいの??と思うくらい親切で、親身になって話を聞いてくれ…私の留学生活は額田さんなしでは成功しなかったと思います。感謝しても感謝しきれません。本当にお勧めのエージェントさんです!!私はNO1だと思っております。本当に本当にありがとうございました!!!