ニュージーランド留学&ワーキングホリデー無料エージェント

留学するならやっぱりニュージーランド

Liv-info留学無料サポート

ワーキングホリデー体験談パート8

お名前 : Kanako     年齢 : 21歳
出身地 : 北海道    性別 : 女性  

お久しぶりです。日本に帰り、ニュージーランドで滞在していた頃のことが夢のように感じているのではないでしょうか?
今回はニュージーランドでの思い出話などを含めて、色々と”ニュージーランドのワーホリについて”を語っていただきたいと思います。
以下、いくつかご質問をさせていただきますので、思うままにお答えいただければ幸いです。


質問1
「ワーホリでニュージーランドへ行こう!」と思った動機は何ですか?

・物価(安いというイメージ)
・周りの友達で行った人が多かった(情報を得られた)
・旅行をしたかった(NZは小さい国なので、北島も南島もまわって、周りに自慢したかった!)

質問2
ワーホリ中はお仕事をされていましたよね。仕事探しから、仕事の内容。給料面、処遇面などなどニュージーランドで働いた感想などお伝えいただけますでしょうか?

・仕事探しについて

簡単。とくに、私は、NZの人口が一番多い、オークランドに滞在していましたが、ここでは特に仕事に困ることはありません。選ばなければ簡単というのはもちろん、シティーに行くと、仕事はいくらでもあるので、自分で選ぶことが可能。私は日本食のレストランでしたが、現地のBARで働いている友人もいました。

・給与面について

時給、NZ$10.25。そこから、税金を引かれたものを頂いきました。どこで働いても、基本的にこの時給だと思います。

・処遇、待遇について

前述したように、私は、日本食レストランで働いていました。給料以外に、毎回、おいしいまかないを、頂きました。メニューにあるものが基本ですが、たまに、メニューにない日本食を作っていただいて、毎回まかないが楽しみでした。

・仕事内容について

ウェイトレス、たまにキッチンハンド。

・感想など

一言でいうと、良い経験になりました。
お客様はもちろん、ほとんどが現地の方。接客はもちろん、英語。
私もそうでしたが、「日本食レストラン=日本人と働く=英語の勉強にならない」と思う方が少なからずいらっしゃると思います。しかし、実際は違います。確かに、仕事場の人とは日本語ですが、仕事は、接客です。お客様のほとんどが現地、もしくは、日本人以外の方です。日本語なんて通じません。当たり前のようですが、英語を
喋ることになります。
仕事場の人とは日本語なので、安心して働きながら、英語もしゃべることができます。結局のところ、英語圏で働いているわけですから、どんな仕事をしても英語をしゃべるわけです。笑


質問3
色々と旅行をされていましたよね。ニュージーランドの国内旅行をするに際して、予約やプランはどうやって決めましたか? 

私は、恋人や友人と旅行したり、一人でしたりしました。
一人でしたときは、旅程、予約、などはすべて自分でしたわけですが、i site(インフォメーションセンター)をよく利用していました。とりあえず、行きたいところをピックアップして、自分のお財布と相談しながら、旅程を組み、そして、ツアーバスを選びました。

・旅行中、気をつけるべき点などありましたか? 

基本的なことさえ気をつけていれば(貴重品は自分で管理、女性なら、なるべく一人
で歩かない、など)、特に気をつけることは無かったと思います。

・これから旅行をしようと考えている人にアドバイスとしたら、どういうことを告げたいですか?持ち物や、旅行中の滞在先、旅行会社の選び方など

荷物は軽く。持ち物が重いと意外と疲れます。
そして、まとまった日数で旅をする人で、旅仲間がいる、そして車の運転ができる人は、車で周ったほうがいい!!まとまった人数で行くと、交通費も安くなるし、なんといっても、止まりたいところでとまれる!シャッターチャンスが何十倍にも増えます。

それと、私は、インフォメーションセンターでツアーバスから何まで予約したわけですが、ツアーバス(Magic, KIWI EXPERIENCEなど)は、面倒でなければ、その会社に出向いたほうがよさそうです。あまり気にしない人ならいいのですが、あとから聞いた話によると、インフォメーションセンターの人は、それらツアーバスについて、詳しく知らないみたいで、大切な情報などを伝えられなかったことがありました。

友人は、バス会社に直接出向いて、予約をし、細かく説明をされたみたいです。ですから、心配がある方は、その会社に出向いたほうがよさそうです。


>質問4
ニュージーランドを体験して、ニュージーランドってどんなところだと思いますか?思い描くものをお伝えいただければと思います。

イメージを箇条書きします。
 ・イージーゴーイング
 ・自然
 ・休日
 ・水不足
 ・適当
 

質問5
ホームステイとフラットの両方で滞在を経験されましたよね。
それぞれの特徴と言うか、印象に残った点をお伝えください。
これらの滞在スタイルは日本ではあまりなじみが無いですので、体験された方のメッセージはとてもありがたいです。
いいところも、悪いところも含めて、ありのまま感じるままお伝えいただければと思います。

・ホームステイについて。

私は大当たりだったので文句なしでした。ホストマザー、シスター、ブラザーの3人とくらしていました。3人ともやさしくて、よかったです。特徴としては、ホームステイは、家に一緒に住むわけで、お客さんとはみなされません。私の場合は、短期の1ヶ月だったことと、家族が本当に暖かかったことがあったので、特に困ることはありませんでした。しかし、自ら、ご飯後の後片付け、洗濯、などはしていました。
家族はそれぞれの生活があるので、高校生、大学生のブラザーとシスターには会えないこともたまにありましたが、大体、夜ご飯は一緒に食べていました。

ただ、中には、家族と馬が合わなくて、悩んでいる友達もいました。

・フラットについて。

私が住んでいたのは、フラットといっても、一軒家に、私を含め3組ほど+オーナーが住んでいて、一般的なものとは少し違いました。(これもフラットって言うのかな??)

2階建てで、一階はオーナー、私たちは、二階で暮らしていました。
キッチン、バスルームは共同。周りがきっちりしている方々でしたので、気持ちよく暮らせました。キッチンはオーナーが管理していましたが、2階の共同スペースは、交代制で、掃除をしていました。

ちなみに基本的にフラットだと、共有スペースを、管理会社が掃除してくれたり、自分たちで掃除したり、さまざまだと聞きました。


質問6
語学学校での勉強に関してです。
学校での思い出話や、授業へ向けての態度、語学学校で期待したものと得たもの。
(期待と違ったことも何でもOKです。)語学学校に関して感じたことをお伝えいただければと思います。

・語学学校へ期待したものは?

楽しい授業。
短い期間でしたので、特に気にはしていませんでしたが、「できれば~ならいいな」程度に思っていました。
私は、語学留学で行ったわけではないので、とくに勉強に関しては何もいえませんが(笑)、当たりでした。特に期待はしていなかったのですが、午前も午後のクラスの先生も、今までにない楽しい授業で楽しませてくれました。

・語学学校で得たものは?

恋人(笑) 
友達。

・授業へ向けての態度など、語学学校に対してどういう思いで通われていましたか?

私は、生活に慣れるためのステップとして1ヶ月だけ通いました。前述したように、他の生徒に比べたら、まじめではなかったと思います。しかし、短い期間だからこそ、と思いながら、宿題も授業も真剣に取り組みました。

・学校での思い出話などは?

仲良くなった友達と、週末を使って、旅行した。
【通われた学校はCrown English Language Academyです。学校詳細はこちら。】

質問7
ニュージーランドでの生活について。英語について。
「回りには英語があふれている。」と言う環境での生活はどうでしたか?
ニュージーランド生活を通して、感じたことなどをお伝えください。

・生活面で困ったことはありましたか?

日々の中では特に困ることはありませんでした。

・英語との距離はどう感じましたか?すごく近くにあると思いましたか?それとも、「日本語も結構使えるなぁ。」と感じましたか?

思ったよりも、日本語を使わない方が難しかったように思います。。。日本語を避けることは少し難しいように思います。シティーに行けば、日本語は溢れているし、日本人もいっぱいいるし。

しかし、やはり、英語圏。英語は嫌でも使う場面はあります。バス、買い物など。


質問8
英語の勉強について。ワーホリに来る前、滞在中を通してどのような勉強方法がいいと感じましたか?

・日本滞在中はどういう勉強をしましたか?あるいは、これから来る人にどういう勉強がいいとアドバイスできますか?(例えば「単語は出来るだけ覚えて来た方がいい。」とか。)

日本滞在中は、英会話学校で、会話に慣れました。
基本的な単語は覚えていたほうが良いのではないでしょうか。行けばなんとかなることはなんとかなりますが、やはり事前に知ってると知らないのでは、ストレス度が違います。会話も弾みます。

・滞在中はどういう勉強が良かったですか?オススメの勉強方法など教えてください。

私は、ニュースを聞いたり、映画を見たり。映画は、1本を少なくても2度見るようにしました。字幕つきと、なしで。やはり、字幕がついていると、目で追ってしまって、結局リスニング力は伸びません。内容を把握して、状況をつかみやすくするために、1回目に字幕つきでみて、2回目は、字幕なしで、耳を凝らしながら聞く努力をしました。結構大変ですが、少しはためになるかと思います。


質問9
今回のワーホリを通じて、得たもの。ワーホリをして良かったなぁ。と思えることは何でしょうか?
また、次にやって来る方へメッセージなどをお願いしたいです。

・得たもの、良かったこと。

日本のよさを知れた。日本がより好きになった。
家族を大切に思う気持ちが大きくなった。
日本にいては気づけなかった、小さな、当たり前のようで、難しいことに気づけるようになった。
当たり前なことは、気づくのが難しいんですが、すごく大切なことなんですよね。

・次の方へのメッセージなど。

「なぜ、自分はワーホリでNZに行きたいのか。」これをよく考えてから行ってください。

滞在中は、よほどの目標が無い限り、自分を失うことがあると思います。
しかし、そこで、「自分はなんのためにNZに来たのか」原点に戻ってみることで、素敵なワーホリ生活が送れると思います。実際、NZに行っても、普通の日常が待っています。私も、NZに行く前は、いろいろな思いを膨らませながら、わくわくしながら行きました。しかし、NZに対して、「夢の国」など期待が大きすぎたために、「あれ?普通の生活ジャン・・・」と、自分が一体なぜNZにいるのかわからなくなってしまいました。
そうならないためにも、常に何か、目標を持って、生活してもらいたいです。
目標を持つことで、もっともっと素敵なステイになります!!

質問は以上です。
色々と貴重な意見や感想をありがとうございます。実際に経験してみないとわからない部分をたくさんご紹介くださいましたね。これからニュージーランドへやって来る方にきっと良いアドバイスとなるはずです。
日本での生活スタートですが、ニュージーランドの思い出、経験を生かして新たな生活を充実させてくださいね。

では、では。