ニュージーランドの通貨

現在ニュージーランドには6種類の硬貨と5種類の紙幣が流通しています。


留学の問い合わせ



キャッシュレス社会

現在ニュージーランド国内では、6種類の硬貨と5種類の紙幣が流通しています。 また、ニュージーランドではクレジットカードやEFTPOS(デビットカード)での決済が非常に充実 しています。スーパーでの買い物もキャッシュレスで済ます人が多いです。 商取引や個人間でも銀行小切手を発行する人が多いです。 というように、結構キャッシュレスで何事も出来てしまうようにはなっています。

留学&ワーホリにとっては。

しかし、留学、ワーキングホリデー、観光でニュージーランドに滞在される方にとってはやはり 通貨を利用しての決済も多くなると思います。 日本のクレジットカードを使った決済ですと、日本円での決済=為替の発生が起こります。 EFTPOSの場合でも銀行残高、口座の種別などにより手数料が掛かって来る場合がありま す。なので、結局は通貨(現金)での取引が主なものとなると思われます。

小額紙幣が使いやすい

紙幣の一般での流通状況を見ますと、銀行での出金や両替のとき必ず「どの金種が欲しい か?」と聞かれます。例えば、1000ドル出金したとして、単純に100ドルを10枚というのでは なく、高額の100ドル紙幣は使いにくいかもしれないので、20ドルとか10ドルとかも混ぜます か?という意味合いで金種を聞いてきます。 バスに乗るときも、ドライバーに100ドルを渡そうとすると、おそらく乗せてくれないでしょうね。 「両替をしてから乗るように。」と言われると思います。 あまり紙幣を持ち歩かなくてもその他の方法(クレジット、EFTPOS)で対応できると言うことか ら、上記のようなことが日常的に起こっているのだと思います。

計算方法

ニュージーランドにお越しになると、色々な場面で通貨の計算が必要になります。 モノを買うとき、食べるとき、遊ぶとき色々あると思いますが、そういうときにすぐにパッと計算 すること、またいくらなのかを聞き取るということは結構難しいです。 これは次第に慣れてくることなのですが、ニュージーランドへお越しになる前に、ニュージーラ ンドの通貨種類に応じた買い物などの練習をされておくと、とても便利ですよ。

通貨の計算方法。

あるスーパーマーケットでの計算の仕方は以下のようになります。 合計金額の末尾の数字が 1,2,3,4,5は0とみなす。 6,7、8,9セントは10とみなす。 5捨6入となります。 合計 1ドル97セントの買い物ですと、2ドルとなります。 合計 1ドル95セントの買い物ですと、1ドル90セントとなります。



フェイスブックロゴ
ツィッターロゴ
インスタグラムロゴ
Youtubeロゴ
Education New Zealand認定留学エージェントロゴ