ニュージーランド・ワーキングホリデーの費用

ワーホリで1年間滞在する場合の費用とモデルプラン


留学の問い合わせ



ワーキングホリデーの費用

ニュージーランドへの渡航に際してワーキングホリデービザ制度を利用してお越しになる方もたくさんおられます。ワーキングホリデービザの要件に該当すれば、ニュージーランドで1年間滞在ができ、この間は遊んでもいいし、仕事をしてもいいし、勉強をしてもいいという夢のようなビザがこのワーキングホリデービザ制度です。

ワーキングホリデー費用のサンプル

最初の6ヶ月間(24週間)を語学学校へ通学し、最初の3ヶ月をホームステイ。その後3ヶ月間はフラット(シェアハウス)に滞在するとした場合で、プラス航空券、海外旅行保険、交通費など最初の6ヶ月間に必要な費用を計算しております。

2019年費用サンプル

入学金 NZ$200

授業料 24週間 NZ$7900

ホームステイ手配料 NZ$240

ホームステイ代 12週間 NZ$3480

フラット(シェアハウス)12週間 NZ$2520

Liv-info留学サポート料金 NZ$0

合計

NZ$1=78円と計算すると・・・ NZ$14340

約112万円

*入学金、授業料、ホームステイ料金は平均的な金額で計算しています。それぞれの学校により料金は異なってきます。 *フラット(シェアハウス)の料金は$210/週として計算しています。

海外旅行保険 1年間 7〜20万円

交通費・お小遣いなど滞在資金 1年間 36万円

航空券(往復) 10〜20万円

海外旅行保険は日本の保険、ニュージーランドの保険など加入される保険会社、保険プランにより料金が異なります。 航空券は購入時期、渡航時期により価格は変動します。 上記の料金体系はLiv-infoの都合により予告無く変更される場合があります。 交通費などの滞在資金はおおよその目安です。生活スタイル等により実際の金額は異なります。

働くことにより滞在資金をカバー

語学学校卒業後は仕事をすることにより残りの滞在分の費用を捻出される方が多いです。 ニュージーランドの最低賃金 NZ$16,50/時間  日本円で約1200円/時間です。

2018年11月現在

<就労モデル>

1日4時間の労働 週5日の場合 $16,50 x 6時間 x 5日 x 4週間 = $1980/月 $1980 x 4ヶ月 = $7920  NZ$1=78円と計算すると・・・約62万円

働くことにより、ワーキングホリデーの後半は資金的にゆとりが出てくるケースが多いです。ニュージーランド国内の旅行や太平洋の島々(フィジー、トンガ、オーストラリアなど)へ旅行をされる方も多いです。

ワーホリ計画 <サンプルプラン> 

ワーホリをスタートする3ヶ月以上前から計画される方は「ゆとりのノーマルプラン」をご覧ください。

ゆとりのノーマルプラン

ワーホリをスタートするまで2ヶ月前を切ってから計画をされる方は「ギリギリ滑り込みプラン」をご覧ください。

ギリギリ滑り込みプラン

留学費用のお見積もりを無料で作成しております。ご希望の方はお気軽にどうぞ。


プチ留学 

1週間〜5週間の通学

短期留学 

6〜12週間の通学  

中長期留学 

13週間以上の通学  

ワーキングホリデー 

6〜24週間の通学

ワーホリで現地学校見学 

12〜24週間の通学


留学スタイル

費用を抑えるコツ



フェイスブックロゴ
ツィッターロゴ
インスタグラムロゴ
Youtubeロゴ
Education New Zealand認定留学エージェントロゴ